映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

竹内涼真が体調不良で裕次郎賞表彰式を欠席、石原まき子「風邪は生きている証拠」

251

左からホリプロの菅井敦常務取締役、石原まき子、東出昌大。

左からホリプロの菅井敦常務取締役、石原まき子、東出昌大。

本日12月28日、東京都内にて第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の表彰式が開催されるも、石原裕次郎賞新人賞に輝いた竹内涼真がインフルエンザのため欠席。代わりに竹内からの手紙が読み上げられた。

帝一の國」の大鷹弾役で、自身の持つ華とさわやかさが評価された竹内。この2年間該当者がいなかった石原裕次郎賞新人賞において、3年ぶりの受賞者となった。代読された手紙の中で、竹内は「本日は出席することができず、心よりお詫び申し上げます。僕自身、とても悔しいです。石原裕次郎賞新人賞という歴史ある、そして由緒ある賞をいただけたこと、大変光栄に思います。本当にうれしいです」と心境を明かす。また「『帝一の國』は若手俳優たちで切磋琢磨し合って作り上げた作品です。それが今でも、自分の大きな財産になっています。観てくれる方々に楽しんでもらったり、元気になったり、夢や希望を持ってもらえたらこんなに素敵なことはないなと思い、この世界に入りました。これからも目標を持って、自分らしく表現し、精進していきたいと思います」とコメントを寄せた。

ステージには、石原プロモーションの石原まき子と、第27回の同賞受賞者・東出昌大が登壇。ドラマ「陸王」で初めて竹内の演技を目にしたという石原まき子は「びっくりしました。前回は東出さんという本当に(身長が)大きな方が受賞されましたが、涼真さんも相当大きい方。石原裕次郎さんより3cmも高いそうですね」と話す。竹内は185cm、そして石原まき子曰く石原裕次郎は182cmだと明かされるが、身長を聞かれた東出が「189cmです」と答えると会場でどよめきが起こった。

また石原まき子は、「石原裕次郎も冬になると必ず高熱を出しました。映画の撮影中、4日間は熱が出るんです。俳優さんが少なくて、お休みできない時代でしたから、若い頃はそのまま作品に出ていました。でも風邪を引くことは生きている証拠ですから、ゆっくり養生なさってほしい。これから大活躍をしていただいて、東出さんのように素晴らしい俳優さんになっていただきたい」と竹内へメッセージを送る。

さらに東出は、竹内について「すごくさわやかな好青年ですが、芯の強さが画面からにじみ出ていて、僕も大好きな俳優さんの1人です」と絶賛。続けて「インフルエンザは事故みたいなものなので、今日この竹内くん欠席というネットニュースを見た方は、帰って手洗いうがいをして素敵な年末を過ごしていただければ」と話し笑いを誘った。

映画ナタリーをフォロー