映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日スポ助演女優賞・尾野真千子の自然体な魅力さく裂、宮崎あおいも登壇

120

左から宮崎あおい、尾野真千子、吉行和子。

左から宮崎あおい、尾野真千子、吉行和子。

本日12月28日、東京都内にて第30回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が開催され、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で助演女優賞に輝いた尾野真千子が登壇した。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」は、東野圭吾の同名小説を廣木隆一が映画化したもの。山田涼介が主演し、かつて悩み相談を請け負っていた“ナミヤ雑貨店”を舞台としたヒューマンドラマが展開される。尾野は相談者の1人・田村晴美を演じた。

ステージに上がり、「この仕事を20年続けてきましたが、本当によかったです。これからもがんばります!」と宣言した尾野。1人の女性の10代から50代を演じきったことから、「やっていて、訳わかんなかったです(笑)。でもやっぱりやりがいがありましたし、ここで(いい芝居を)見せないでいつ見せるんだ!となりますので、全力でやらせていただきました」と振り返る。

ここで昨年度「怒り」「バースデーカード」で同賞を受賞した宮崎あおいもプレゼンターとして登場し、記念の盾を贈呈。「17年ほど前に『EUREKA(ユリイカ)』という映画でご一緒させていただいているので、ここでこうしてお渡しできてうれしいです」と祝福の言葉を贈る。

また「ナミヤ雑貨店の奇蹟」で尾野と共演した吉行和子も駆け付け、「自然体で、そこらへんにウロウロしている女の子みたいなところがいいなと思いました」と話して尾野を笑顔にさせる。また尾野自身は、司会から来年以降の計画を聞かれ「どうしましょうねえ?」とマイペースに返していた。

※宮崎あおいの崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

映画ナタリーをフォロー