映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北野武が石原裕次郎賞の表彰式で爆弾発言連発、舘ひろしら石原軍団もタジタジ

329

左からプロデューサーの森昌行、松重豊、北野武、石原まき子、舘ひろし、村川透。

左からプロデューサーの森昌行、松重豊、北野武、石原まき子、舘ひろし、村川透。

本日12月28日に東京都内にて第30回日刊スポーツ映画大賞の表彰式が開催され、石原裕次郎賞に選ばれた「アウトレイジ 最終章」の監督・北野武が登壇した。

石原プロモーションの全面協力により日刊スポーツ映画大賞に併設された同賞は、その年にヒットした作品や大作感のある娯楽映画に贈られるもの。今年度は、北野によるバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズを締めくくる本作が選出された。

石原プロモーションの石原まき子から賞金300万円を受け取った北野は、それを胸元に忍ばせようとして笑いを起こす。さらに第一声から「どうも、浅野忠信の父です」というブラックジョークで場を沸かせた。

北野は本シリーズについて「本当ならシリーズは4、5、6と続いていく予定でした。韓国から香港、イギリス、アメリカと世界のマフィアを全部やっつける構想があったんですが、こっちがくたばっちゃうのでやめました」と明かす。さらにこの「アウトレイジ 最終章」の制作を「塩見三省さんは脳梗塞で倒れるし、西田敏行さんも病気になってしまうし。映画を変えようかなと心配したんですが、現場が始まるとものすごい芝居をしていただいた。映画にかける役者の心持ちはこれほどすごいのかと見せつけられて、感動しました」と振り返った。

また北野は、石原裕次郎との関わりを聞かれると「1回会ってみたいと思っていたんですが、叶わなかった。この世界にいて一番残念なことかなと思います」と回答。石原まき子は「もし生きておりましたら、武さんの役は裕次郎の役なんです。ですからもうちょっと長生きして、武さんのように素晴らしい作品を作っていただきたかった」と夫への思いを口にした。

ステージにはプレゼンターとして、本作キャストの松重豊と、前年に「さらば あぶない刑事」が同賞を受賞した村川透も登場。さらに、司会が「あぶデカと言えば舘ひろしさんですよね。ほら、そんなところにいないでステージにお上がりください」と言って、客席で遠慮していた舘を壇上に呼び込む。舘は北野と握手を交わし、「おめでとうございます」と控えめに一言。対する北野は「ゴルフ練習場でよく会うんだよ」と舘との意外な関係を明かして笑いを起こす。またコメントを求められた松重は「俳優同士でも『今なんの作品やってるの?』と聞かれて『北野組』と答えるのはかなり誇らしい瞬間です」と、村川は「石原裕次郎さんは存在そのものがエンタテインメントでした。この賞がもっともふさわしいのは武さん。エンタテイナーのキングだと思います」と話した。

そのほか表彰式では、石原まき子が本作の結末について「悲しくて涙が出た。本来なら武さんにもっと続けていただきたかった」と述べる場面も。それを聞いた北野が「イメルダ夫人にそんなこと言われたら、やるしかないな」と冗談で返すと、舘は石原まき子の肩をなでながらタジタジといった表情で彼女を慰めていた。

映画ナタリーをフォロー