映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「バクマン。」初日でキャストらが“勝利”トーク、佐藤&神木のイラストも公開

324

「バクマン。」初日舞台挨拶の様子。

「バクマン。」初日舞台挨拶の様子。

本日10月3日、東京・TOHOシネマズ 日劇にて「バクマン。」初日舞台挨拶が行われ、監督とキャストらが登壇した。

大場つぐみと小畑健によるマンガを実写映画化した「バクマン。」は、週刊少年ジャンプでの連載を目指す男子高校生2人の物語を描く青春ドラマ。この日は主演の佐藤健神木隆之介、そしてキャストの染谷将太小松菜奈桐谷健太皆川猿時山田孝之リリー・フランキー、監督の大根仁が舞台挨拶に参加した。

登壇したキャストらが無事公開を迎えたことへの喜びを語っていく中で、大阪で1人“裏舞台挨拶”を行うため待機中だというキャストの新井浩文も生電話で観客に挨拶。そして1年以上前に撮影をした本作について、神木が「撮影の時は公開が1年以上先だと話していて、今年に入ってからはあと半年だって思って……」とゆっくり語り始めると、佐藤から「今、当たり前のことを時間をかけて言おうとしてるよね?」と注意が。「だって思ったんだもん!」と照れる神木に対して、佐藤は「リュウだから許されるけどね」と返し、仲のよい様子をうかがわせる。

続いて撮影現場にて神木が描いたという主人公の最高と秋人の絵がスクリーンに映し出された。これを山田は「ヘッドフォン、あの大きさだと頭に入らないよね」と、リリーは「絵から情緒不安定さを感じる」と評し笑いを誘う。また「渾身の作。点数をつけるなら100点です」と豪語する佐藤が描いた大根のイラストが公開されると、染谷は「毛が薄い……」と、大根は「これだと裸エプロンみたいだよ!」とツッコミを入れた。

“友情・努力・勝利”がテーマの本作は、これまで“友情イベント”や“努力キャンペーン”といった企画を行ってきた。そしてこの舞台挨拶では、最後の“勝利”という言葉になぞらえ、司会から「今、勝利したいことは?」という質問が。佐藤が「卓球にハマっているので、卓球で友達に勝利したい」と答えたのち、神木は「健くんと100mの徒競走をして勝ちたい!」と猛アピール。しかし桐谷に「(この会場)ちょうど100mくらいあるよ」と言われると、「今はちょっと、靴が運動用じゃないので……」と笑ってごまかす一幕も。続けて染谷は「ここ最近の低気圧に勝ちたい」とマイペースに話し、しばらく考え込んでしまった小松は全員からの温かい目線を受けながら「緊張する自分自身に勝ちたいです……。今も緊張してるんですけど」と返答。

最後に神木は「これからも『バクマン。』を何度も観てください!」と観客に訴えかけ、佐藤は「すごく挑戦している映画で、今までの日本映画にないような作品になったと思います。いつまでもこの作品を愛してくださったらうれしいです」と挨拶してイベントを締めくくった。

「バクマン。」は全国で上映中。

関連する特集記事

映画「バクマン。」特集PR
映画「バクマン。」特集 大根仁×佐藤健×神木隆之介PR
映画「バクマン。」特集 小畑健×大根仁対談PR
「バクマン。」特集番外編 佐藤健×神木隆之介 “持ち込み”体験記PR
映画「バクマン。」特集 山口一郎(サカナクション)×大根仁対談PR

映画ナタリーをフォロー