映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「海賊とよばれた男」に染谷将太、綾瀬はるか、鈴木亮平、ピエール瀧ら出演

707

左からピエール瀧、染谷将太、綾瀬はるか、鈴木亮平。

左からピエール瀧、染谷将太、綾瀬はるか、鈴木亮平。

岡田准一が主演、山崎貴が監督を務める「海賊とよばれた男」に、吉岡秀隆染谷将太綾瀬はるか鈴木亮平ピエール瀧らが出演していることがわかった。

百田尚樹の小説を原作とした「海賊とよばれた男」は、明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき青年が石油で一大事業を成し遂げていくまでを描く作品。同じく百田の小説をもとにした山崎監督作「永遠の0」でも主演を務めた岡田が、主人公の国岡鐵造を演じている。

追加キャストに関する情報は、本日11月28日に東京・東宝スタジオにて開催された本作の製作報告会見にて明らかにされた。吉岡は東雲忠司役、染谷は長谷部喜雄役、鈴木は武知甲太郎役、瀧は藤本壮平役として、鐵造と彼の国岡商店を支える店員に扮する。同じく店員に、甲賀治作役の小林薫、柏井耕一役の野間口徹が名を連ねている。そして綾瀬が扮するのは、生涯鐵造を思い続けながらも離ればなれになった妻・ユキ。そのほか命がけでイランへの舵をとる日承丸の船長・盛田辰郎役として、堤真一が出演を果たす。

「ALWAYS 三丁目の夕日」の吉岡、「寄生獣」の染谷、そして岡田と、それぞれ山崎組の作品で主演を務めてきた3人の俳優が勢ぞろいする本作。現在撮影が行われており、2016年冬の公開を予定している。

映画ナタリーをフォロー