映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

フランス映画祭開幕、オリヴィエ・アサイヤスら豪華ゲストがセレモニーに登場

19

前列左からジュリアーノ・リベイロ・サルガド、アブデラマン・シサコ、イザベル・ジョルダーノ、エマニュエル・ドゥヴォス、マルタン・プロヴォスト、オリヴィエ・アサイヤス、後列左からエリック・ラルティゴ、ルアンヌ・エメラ、グザヴィエ・ボーヴォワ、スヴェン・ハンセン=ラヴ、フェリックス・ド・ジヴリ、アナイス・ドゥムースティエ、アンヌ・フォンテーヌ。

前列左からジュリアーノ・リベイロ・サルガド、アブデラマン・シサコ、イザベル・ジョルダーノ、エマニュエル・ドゥヴォス、マルタン・プロヴォスト、オリヴィエ・アサイヤス、後列左からエリック・ラルティゴ、ルアンヌ・エメラ、グザヴィエ・ボーヴォワ、スヴェン・ハンセン=ラヴ、フェリックス・ド・ジヴリ、アナイス・ドゥムースティエ、アンヌ・フォンテーヌ。

本日6月26日、フランス映画祭2015のオープニングセレモニーが東京・有楽町朝日ホールにて行われ、団長のエマニュエル・ドゥヴォスをはじめ、フランスより来日したゲスト12名が登壇した。

主催のユニフランス・フィルムズ代表イザベル・ジョルダーノは「まるでカンヌ国際映画祭が続いているかのように豪華でフランスを体現したゲストをお呼びして、無事に開催することができました」と挨拶。フランス人監督フィリップ・ラブロは、1964年にユニフランス・フィルムズのプロモーションビデオとして撮影した短編「4XD」の一部をサプライズ上映した。スクリーンに映し出された若かりし日のカトリーヌ・ドヌーヴに、客席から驚きの声が上がる場面も。

続いて登場したドゥヴォスは日本語で「仕事で来るだけでは、ちょっと残念。東京をたっぷり楽しもうと思います」とコメント。その後、すべてのゲストが1人ずつスポットライトを浴びながら客席の中を通って登壇し、最後にジョルダーノからドゥヴォスに花束が贈呈されてセレモニーは終了した。

今年で23回目を迎えたフランス映画祭は、有楽町朝日ホールと東京・TOHOシネマズ 日劇で29日まで開催され、フランソワ・オゾンの「彼は秘密の女ともだち」や、オリヴィエ・アサイヤスの「アクトレス~女たちの舞台~」、ミア・ハンセン=ラヴの「EDEN/エデン」など多彩な作品がそろっている。上映スケジュールなど詳細は映画祭の公式サイトで確認を。

フランス映画祭2015

2015年6月26日(金)~29日(月)
東京都 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇
料金:当日券1700円 ※学生割引あり
<上映作品>
ボヴァリー夫人とパン屋
「彼は秘密の女ともだち」
「EDEN/エデン」
「夜、アルベルティーヌ」
「アクトレス~女たちの舞台~」
「ヴィオレット(原題)」
「ティンブクトゥ(仮題)」
たそがれの女心
セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター
チャップリンからの贈りもの」ほか

映画ナタリーをフォロー