映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

フランソワ・オゾン最新作、ロマン・デュリスがフェミニンな装いを披露する予告編

13

「彼は秘密の女ともだち」 (c)2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ

「彼は秘密の女ともだち」 (c)2014 MANDARIN CINEMA – MARS FILM – FRANCE 2 CINEMA – FOZ

「8人の女たち」でメガホンを取ったフランソワ・オゾンの最新作「彼は秘密の女ともだち」の公開が決定。あわせて予告編が発表された。

平凡な主婦クレールは、亡き親友の夫ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられる。突然の告白に戸惑うものの、クレールは彼を“ヴィルジニア”と名付け、女友達として扱うように。これまでは故人の夫と友人として付き合っていた2人の関係性が、次第に変化していく。

主人公のクレールを演じるのは、今年のカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された「MARGUERITE AND JULIEN(英題)」でヒロインを務めたアナイス・ドゥムースティエ。ダヴィッド役には「ムード・インディゴ~うたかたの日々~」「タイピスト!」で知られるロマン・デュリスが起用された。予告編には、女性としての人生をスタートさせるダヴィッドと、彼をサポートする過程で刺激を受け、自らもより女性らしくなっていくクレールの姿が収められている。

「彼は秘密の女ともだち」は8月よりロードショー。なお6月27日に東京・有楽町朝日ホールで行われるフランス映画祭2015にて先行上映が決定した。PRのため来日するオゾンとドゥムースティエによるトークショーも実施される。

フランス映画祭2015

2015年6月26日(金)~29日(月)
東京都 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇
料金:前売り券1500円 / 当日券1700円 ※当日券は学生割引あり

「彼は秘密の女ともだち」上映

2015年6月27日(土)東京都 有楽町朝日ホール
開場 13:40 / 開映 14:00

映画ナタリーをフォロー