映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ドレスの深津、スキンヘッドの浅野が喝采を浴びる、黒沢清「岸辺の旅」カンヌ上映

166

第68回カンヌ国際映画祭の様子。左から黒沢清、深津絵里、浅野忠信。(撮影:Kazuko Wakayama)

第68回カンヌ国際映画祭の様子。左から黒沢清、深津絵里、浅野忠信。(撮影:Kazuko Wakayama)

黒沢清の監督最新作「岸辺の旅」が、現地時間5月17日、第68回カンヌ国際映画祭のある視点部門にて上映され、主演を務めた深津絵里浅野忠信が、黒沢と共に舞台挨拶に登壇した。

「岸辺の旅」は、愛する人との永遠の別れを描くラブストーリー。3年間の失踪を経て突然帰ってきた夫から「俺、死んだよ」と告げられた妻が、夫の旅路をめぐる。妻の瑞希を深津が、夫の優介を浅野が演じた。

背中が大きく開いた黒いドレスに身を包んだ深津は、「レッドカーペットを歩くこともそうでしたが、それ以上にこれから世界中の方に映画をご覧いただくことにドキドキしていました」とコメント。上映後には5分以上にわたるスタンディングオベーションを受け「撮影中も夢の中のようでしたが、まさに今日も夢の続きにいるかのような気持ちになりました」と喜びを語った。

スキンヘッドで登場し日本の取材陣を驚かせた浅野は「多くの方々に温かく迎えていただき、映画で描かれた1つの素晴らしい愛のかたちが伝わったかと思いました」と感慨にふける。

第61回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員賞に輝いた「トウキョウソナタ」に続く受賞が期待されている黒沢は、「何よりうれしかったのは、公式上映後のスタンディングオベーションの後に、会場の外でも多くの方が残ってくださっていて、たくさんの拍手で迎えられたことです」と観客の熱狂に深く感動した様子。続けて「深津さん、浅野さんが出演してくださることが決まってから、この映画は大丈夫だと思っていましたが、こうして一緒にカンヌに来られてうれしいです」と胸の内を明かした。

フランスの配給会社により、今秋フランス国内で100から150館規模での公開が予定されている「岸辺の旅」。日本では、10月1日より東京・テアトル新宿ほかで全国公開される。

深津絵里 コメント

初めてのカンヌ国際映画祭でのレッドカーペットは、とても緊張しました。レッドカーペットを歩くこともそうでしたが、それ以上にこれから世界中の方に映画をご覧いただくことにドキドキしていました。公式上映後には、たくさんの方にとても温かい拍手をいただき、撮影中も夢の中のようでしたが、まさに今日も夢の続きにいるかのような気持ちになりました。作品に描かれている愛が、じわじわとしみ込んでいるような、温かい拍手でした。

浅野忠信 コメント

黒沢監督作品では、俳優としての転機にもなった「アカルイミライ」以来のカンヌでしたが、多くの方々に温かく迎えていただき、映画で描かれた1つの素晴らしい愛のかたちが伝わったかと思いました。レッドカーペットは緊張しましたが、公式上映後にあんなに多くの拍手をいただき、たくさんの拍手に祝福していただけて、すごくうれしかったです。多くの方に作品を気に入っていただけて、映画の愛が伝わったと感じました。

黒沢清監督 コメント

何よりうれしかったのは、公式上映後のスタンディング・オベーションの後に、会場の外でも多くの方が残ってくださっていて、たくさんの拍手で迎えられたことです。温かい拍手で、本当に感激しました。深津さん、浅野さんが出演してくださることが決まってから、この映画は大丈夫だと思っていましたが、こうして一緒にカンヌに来られてうれしいです。

映画ナタリーをフォロー