ステージナタリー

うさぎストライプ「バージン・ブルース」2人の父親役に中丸新将、志賀廣太郎

98

うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ「バージン・ブルース」が、5月4日から21日まで東京・こまばアゴラ劇場にて上演される。

うさぎストライプ大池容子が、「死ぬ前にコウタ(志賀廣太郎)と芝居がしたい」という中丸新将の希望に応える形で実現した本企画。復讐のために娘を育ててきた男たちと、その娘がバージンロードを歩くまでが描かれる。

中丸と志賀は、なぜか2人いる父親役に。娘役は小瀧万梨子が演じる。60代の経験豊かな男2人と、30歳になったばかりの女による「わかりあえない」攻防の結末は、劇場で確かめよう。チケットは3月1日発売。

大池容子コメント

とんでもない企画が立ち上がってしまいました。

中丸新将さんとは、2015年12月の宝積有香さんプロデュース公演「前向きな人たち」でご一緒して仲良くなりました。飲みに行くと、いつも「死ぬ前にコウタと芝居がしたい」と仰っていて、それは面白そうだなあ、実現したら素敵だなあ、と思った勢いで「やりましょうよ!」と言ったら、こうなってしまいました。大変なことです。ただ、ウエディンドレス姿の花嫁と、その両側に二人のお父さん…中丸さんと志賀さんがいて、という幕開けのシーンの話を、新将さんと飲みながらしていると、もうこれは絶対に自分の手で作りたい!という思いになりました。きっと、愛くるしい親父たちの物語になると思います。私もオリザさんの言葉を借りるなら「伝えたいことなど何もない。でも表現したいことは山ほどある」。そんなような気持ちです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

うさぎストライプと親父ブルースブラザーズ「バージン・ブルース」

2017年5月4日(木・祝)~21日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:大池容子
出演:中丸新将志賀廣太郎小瀧万梨子

ステージナタリーをフォロー