ステレオポニーが解散を発表

 
mixiチェック

2012年10月2日 6:00 5533

イメージ

ステレオポニー

ステレオポニーが解散を発表した。

今年8月にAIMI(Vo)の喉のポリープ手術のため、1カ月の充電期間を設けた彼女たち。その間にSHIHO(Dr)とNOHANA(B)は海外で短期音楽留学を経験し、一方のAIMIも歌うことに真剣に向き合ったという。その後改めて集まった3人は、やりたいことや進んでいきたい道を話し合い、その結果解散を決意した。

なおメンバーは今後も音楽活動を継続していく。SHIHOとNOHANAは10月24日に発売されるニューシングルでタッグを組んだエヴァン・トーベンフェルドとのバンド「EVANPONY(エバンポニー)」として活動。AIMIもなんらかの形で音楽を続けていく。

またステレオポニーは10月6日に東京・渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブ「秋の夜長はライブで乗り切れvol.2」を開催する。ライブではメンバー自身の口から解散についてファンに報告する予定。なお解散の時期などについては追って発表される。

ステレオポニーは沖縄で結成されたスリーピースバンドで、2008年にシングル「ヒトヒラのハナビラ」でメジャーデビューを果たした。その後、2ndシングル「泪のムコウ」のヒットで人気を獲得し、アメリカをはじめ海外でも精力的にライブを実施。ガールズバンドシーンを牽引する存在として注目を集めていた。

AIMIコメント

今までステレオポニーを応援してくれた皆さまへ
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ステレオポニーのギターボーカルで居られた時間は私の宝物になりました。
これからは、それぞれの道に向かって頑張っていきます。
心からありがとうございました。

NOHANAコメント

応援してくれる皆様へ
突然の報告になってしまいごめんなさい。
ステレオポニーは私にたくさんの夢を与えてくれました。
特別で大切で大好きなバンド。
このような形になるのは、やっぱり寂しいとか悔しいとかそうゆう気持ちもあるけど、それ以上にステレオポニーとしてたくさんの人に出会えたこと、いろんなことを感じられたこと、ステレオポニーの全てに感謝の気持ちでいっぱいです。
だからこそ、最後まで全力でステレオポニーを届けたい。最後まで私らしく、笑顔で楽しみたいです。
ステレオポニーに関わってくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。

SHIHOコメント

いきなりの解散発表になってしまって本当に申し訳ありません。
いつも支えてくれているファンや関係者の事を想うと、この決断には凄く悩みました。
しかし、音楽と向き合い、自分達と向き合い、考え、悩んだ結果、これが一番最善の方法だと思い、このような報告になってしまいました。
ステレオポニーが無くなってしまう事は本当に心が苦しくなりますが、それでも、それぞれがそれぞれの道を真っ直ぐに進んでいくと決意したので、
誠に勝手だとは思いますが、これからも私達を見守って頂けたら幸いです。
ステレオポニーを今まで支えてくれて本当にありがとうございました。

ナタリーストア「ピンポン」グッズ
ナタリーストア「TOKYO CULTUART by BEAMS × egicco」グッズ