音楽ナタリー

映画版「君に届け」主題歌をflumpoolが書き下ろし

110

9月25日より全国公開される映画「君に届け」の主題歌に、flumpoolの新曲「君に届け」が決定した。

「君に届け」は別冊マーガレットで連載中の人気マンガを原作とした、ピュアなラブストーリー。ヒロインの黒沼爽子役を多部未華子が、彼女が恋をする同級生・風早翔太役を三浦春馬が演じる。

flumpoolはこの映画のために、作品の世界観とリンクした新曲を書き下ろしで提供。以前から原作を愛読していたというflumpoolの山村隆太(Vo,G)は「僕達の詩がこの映画とともに、観てくれる数多くの人達に『優しさ』と『勇気』を還せればなと思っています」と語っている。

なお、この曲は映画の公開に合わせて9月中旬にリリース予定。詳細は後日発表される。

山村隆太 コメント

今回、この「君に届け」という映画の主題歌を書かせてもらい、そして歌える事をとても光栄に思います。以前から好きな原作だったんですが、映画化されるこの作品に改めて触れて「人に届ける」とは、「人に還すこと」なんだなと実感することができました。辛い時や苦しい時の支えや優しさ、笑顔や勇気、人は気付かないうちにも誰もが毎日愛すべき人から人生を彩る大切なものを受け取っていると思います。その贈られた想いや愛情や友情への感謝として、全身でその想いを還すこと。それが「届ける」ことだと思います。僕達の詩がこの映画とともに、観てくれる数多くの人達に『優しさ』と『勇気』を還せればなと思っています。

日本テレビ映画事業部 佐藤貴博プロデューサー コメント

flumpoolのライブを観た時、彼らが観客に対してとても真っ直ぐ懸命に自分達の歌を届けようとしていたのが感動的で、映画「君に届け」の主題歌は彼らに作ってもらいたいと強く思いました。それに応えて彼らが書き下ろしてくれた「君に届け」は、大切な人を真っ直ぐに想う気持ちの強さや、大事な想いを伝えることの素晴らしさが詰まった、本当に映画「君に届け」で伝えたい思いを、多くの人に届けてくれる力を持った楽曲だと思います。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ