音楽ナタリー

MISIAが南アフリカで3DPV初公開&アジア代表ソング熱唱

3

MISIAが「2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会」開催地であるヨハネスブルグのネルソンマンデラスクエアにて、日本時間6月13日20:00より行われたイベント「Japan & Cameroon Day」に出演。アジア代表ソング「MAWARE MAWARE」の3Dビデオクリップを初披露し、ライブパフォーマンスを繰り広げた。

240席ある会場は満席。日本サポーターと初戦の相手であるカメルーンサポーターが多数詰め掛け、両国の試合を前にサポーターの異様な熱気に覆われていた。イベントが始まり、元カメルーン代表のエムボマ選手、元日本代表の北澤豪選手がそれぞれ入場。25試合の3D撮影などについてトークし、280インチの大画面に3Dサッカーコンテンツが映し出されると、迫力の映像に会場から歓声が上がった。

元気ロケッツの3Dビデオクリップが紹介されると、続いてMISIAの3Dビデオクリップ「MAWARE MAWARE」が世界初公開された。そこに映ったのはキラキラと散りばめられた無数の星と、燃える炎の周りを回る木馬。炎から上がる火の粉が星になり、木馬に生命の息吹が芽生え、新たな生命がどんどん生まれやがてそれが地球となる。そんな命の誕生と喜びに満ちたストーリーが、ダイナミックな3Dの映像で表現された。なお、この曲は5月31日に世界36カ国で発売されたFIFAワールドカップ公式アルバム「リッスン・アップ! 2010 FIFAワールドカップ 南アフリカ大会公式アルバム」に収録されている。

ライブパフォーマンスでは躍動感あふれるアフリカンビートにMISIAの力強い歌声が響き、多くのサポーターやMISIAファンはサビに合わせて「マワレマワレ」と大合唱。翌日のカメルーン戦に向けて会場のムードが高まった。

MISIAコメント

マンデラスクエアは、マンデラさんが演説をした場所。そこでワールドカップの期間中、ずっと3Dの映像が流れて、各国のいろんな人がメガネをかけて観戦して、ワーッと盛り上がる。そんな意味の深い場所で歌えたことは、感動的でした。

音楽ナタリーをフォロー