音楽ナタリー

倉木麻衣の2年半ぶりツアー大盛況のうち終幕、La PomPon&にゃんごすたーも登場

1311

倉木麻衣

倉木麻衣

倉木麻衣が4月2日に東京・東京国際フォーラム ホールAにて、全国ツアー「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」の最終公演を行った。

2月に発表したオリジナルアルバム「Smile」を携えて、およそ2年半ぶりとなる全国ツアーを回ってきた倉木。チケットは全公演ソールドアウトとなり、最終日の東京国際フォーラムも集まったオーディエンスで満員になった。

1980年代をイメージしたポップでカラフルな舞台にバンドメンバーが現れると、観客は拍手で彼らを迎える。映画の予告編のようなドラマチックなオープニング映像を経て、バックダンサーを従えた倉木がステージに登場。彼女は大きな歓声を受けながら「Make that change」でライブをスタートさせた。1曲目を歌い終えた倉木は「SAWAGE LIVE!」とシャウトし、場内の熱気を一気に高める。彼女はそのまま、コミカルな振り付けの「SAWAGE LIFE」、ダンサーのアグレッシブなパフォーマンスが映える「I Like It」、ハートのクッションを使った演出がかわいらしい「OPEN L▽VE」など、「Smile」収録曲を中心に次々と披露していった。

長年取り組んでいるカンボジアでの支援活動などを紹介するVTRが流れたあと、黄色を基調としたドレスに着替えた倉木は「Tell me why」「ミステリー ヒーロー」といったしっとりしたバラードナンバーを歌唱。「自分自身を信じて、歩んできた道を前進していこうという曲です」という言葉のあと披露された「My way」の澄んだ歌声に、観客はじっと耳を傾けていた。

バンドメンバーによる情熱的なセッションを経て、ライブは「名探偵コナン」とのコラボレーションコーナーに突入。彼女は歴代の「名探偵コナン」主題歌をアニメ映像をバックに届け、観客を大いに喜ばせる。「一秒ごとに Love for you」ではゲストのLa PomPonが現れ、パワフルなダンスで観客を魅了した。倉木の「今日は騒ぎましょう!」という声を合図に、本編ラストには再び「SAWAGE☆LIFE」が演奏される。倉木は客席にサインボールを投げ入れたあとは、ステージを縦横無尽に走り回る全力のパフォーマンスを展開。最後に金テープが噴射され、ライブは華やかなフィナーレを迎えた。

鳴り止まない拍手に応えて、倉木はアンコールのステージへ。彼女は4月12日に発売されるニューシングルの表題曲「渡月橋 ~君 想ふ~」を艶やかな赤いドレスで歌い上げたあと、Tシャツにズボンというラフな姿で再登場する。倉木が「皆さんのおかげでツアーファイナルを迎えられて、本当に胸がいっぱいです。ひさびさのツアーで新しいことにも挑戦して、忘れられないライブになりました」としみじみと語っていると、青森県黒石市のゆるキャラ、にゃんごすたーがゲストとして登場。彼は真っ赤なドラムセットにまたがり、バンドと共に「Stand Up」をプレイして観客から盛大な拍手を浴びた。ラストナンバー「always」を歌い終えた倉木は「最後までステージを受け止めてくださりありがとうございました。またお会いしましょう!」と客席へ大きく手を振り、笑顔でステージを去った。

倉木麻衣「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE”」
2017年4月2日 東京国際フォーラム ホールA セットリスト

01. Make that change
02. SAWAGE☆LIFE
03. Love, Day After Tomorrow
04. I Like It
05. OPEN L▽VE
06. Tell me why
07. ミステリー ヒーロー
08. 硝子の微笑
09. My way
10. Stay by my side
11. Secret of my heart
12. Time after time ~花舞う街で~
13. 風のららら
14. PUZZLE
15. Growing of my heart
16. DYNAMITE
17. YESTERDAY LOVE
18. 一秒ごとに Love for you
19. MY VICTORY
20. SAWAGE☆LIFE
<アンコール>
21. 渡月橋 ~君 想ふ~
22. Stand Up
23. Serendipity
24. きみへのうた
25. always

※「OPEN L▽VE」の▽はハートマークが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー