音楽ナタリー

「砂の塔」高野兄妹が再会!M!LK新作イベントにサプライズゲスト続々

5646

稲垣来泉(左)と佐野勇斗(右)。

稲垣来泉(左)と佐野勇斗(右)。

M!LKが本日1月11日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にてこの日リリースされたニューシングル「疾走ペンデュラム」の発売記念イベントを行った。

彼らを一目見ようと、会場には約3200人のみ!るきーず(ファンの総称)が集結。ステージ上層階のバルコニーも観客でびっしりと埋め尽くされる盛況ぶりで、開演前から会場は熱気に包まれていた。

5人は元気よくステージに登場すると、シングルのカップリング曲「Milky Snow」でライブをスタートさせる。佐野勇斗は「CDリリース日、盛り上がっていきましょう!」と呼びかけ、山崎悠稀は甘い歌声を響かせた。自己紹介では塩崎太智が「CD発売だぜー!」と絶叫し、彼らの口上に合わせてみ!るきーずはテンポよくかけ声を飛ばしていく。するとここで、突如軟式globeの2人がステージに乱入。彼女たちは「I'm Fallin' DNA」を勝手に歌い始め、パーク・マンサーは「疾走ペンデュラムのリリースイベント、M!LKを祝いにやってきた!」とラップした。M!LKと軟式globeは昨年青森で行われたイベントで競演経験があり、その縁から今回のコラボが実現。最初は驚いていたM!LKの5人も曲が進むにつれてリズムに乗り出し、パーク・マンサーと一緒にステージを駆け回った。

軟式globeが退場すると、5人はニューシングルの表題曲「疾走ペンデュラム」を披露。カスタネットのようにした手でクラップをするサビの振りをオーディエンスと合わせ、一体感を作り出していった。曲を終えるとメンバーはそれぞれに告知を行ったが、ここで2度目のサプライズゲストとして佐野の出演したTBS系ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」で、佐野演じる高野和樹の妹・そらを演じていた子役の稲垣来泉がステージに登場した。突然響いた「お兄ちゃーん!」という声に、5人は「えええー!」と驚きの声を上げ、佐野は目を丸くしながらも稲垣を抱き上げる。彼女は「『砂の塔』のDVDの告知はしなくていいの?」と佐野に語りかけて笑いを誘い、ほかのメンバーは「かわいいー!」と言いながら次々に彼女と握手して初対面を喜んだ。

ラストナンバーには「新学期アラカルト」が届けられ、ミニライブは終了。イベント後には囲み取材が行われ、佐野は稲垣のサプライズ登場について「本当にびっくりして、よくわかんなくなっちゃって(笑)。でもひさしぶりに会えてうれしかったです!」と笑顔をみせる。初めてM!LKのパフォーマンスを観た稲垣は「カッコいいと思った」とつぶやき、稲垣の言葉に目尻を下げる佐野を見た板垣瑞生は「デレッデレやな」と思わずツッコミを入れていた。なお「疾走ペンデュラム」はオリコンデイリーCDシングルランキングで3位にランクインしたことがイベント中に知らされ、これに吉田仁人は「ビックリしましたが、それもこれも支えてくださるみ!るきーずのおかげです」とオーディエンスに感謝を伝える。最後に今年の目標を聞かれると、山崎は「春には5都市を回るワンマンツアーもあるので、もっといいライブができるようにしたい。今よりもパフォーマンス力を上げて、皆さんを喜ばせたいです!」と意気込みをみせていた。

M!LK 5thシングル「疾走ペンデュラム」リリースイベント
2017年1月11日 池袋サンシャインシティ噴水広場 セットリスト

01. Milky Snow
02. I'm Fallin' DNA / 軟式globe
03. 疾走ペンデュラム
04. 新学期アラカルト

※塩崎太智と山崎悠稀の崎は、たつさきが正式表記。

音楽ナタリーをフォロー