音楽ナタリー

KREVAの音楽劇会見、内博貴がラップ自己採点「100点満点中3点」

1174

「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」の制作発表会見の様子。

「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」の制作発表会見の様子。

KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」の制作発表会見が本日2月26日に東京都内で行われ、KREVA、内博貴、増田有華、綿引さやか、AKLO、ブラザートム、Mummy-D(RHYMESTER)、小西真奈美が出席した。

この音楽劇は2011年に初演、2014年に再演が行われた、KREVAの楽曲で全編が構成される音楽劇「最高はひとつじゃない」の新作。主演には内博貴を迎え、KREVAと内博貴の2人を軸に、桜を題材にした3つのストーリーがオムニバス形式で紡がれる。「見守り続ける男」を演じるKREVAと「見守り続ける青年」を演じる内は、作品の中でウチクレバというユニットを結成。内は今作でラップに初挑戦する。

司会者に意気込みを問われた内は「ラップに初挑戦するので新鮮な気持ちでいっぱいです」とコメント。KREVAは登壇者をぐるりと見回し「キャストの中にラッパーが3人いるっていうのは誇らしいことだと思う。その中でラップに初挑戦する内くんの心境たるや……お察しします(笑)」と内に声をかけ、これに内は「察してください!」と笑いながら返した。彼はKREVAと2人でラップの練習をしたことを明かすと「レコーディングブースに入ってやらせてもらったんですけど、100点満点中3点くらいでしたから。とりあえず声は出てるっていうだけの3点(笑)」と告白。「これ不安だなあ」とMummy-Dがつぶやく中、「KREVAさんの曲は車の中でよく聴いているんだけど、聴くのとやるのとは全然違うんです!」と訴えた。

「KREVAさんの内さんへの評価は?」と問われたKREVAは「25点ですかね」と答え、内はこれに「逆に一番傷付くやつ!」と肩を落とす。KREVAは続けて「ラップの歌詞が台詞の一部のように出てくるようになったら問題ないと思う。ラップって、ミュージカルとストレートプレイの間を行くようなものだと思うから」と内にアドバイス。「事前練習はしたので、ポイントを見つつ、これからじっくりとやっていけたら」と今後の稽古に期待を寄せた。

3作連続でKREVAの音楽劇に出演することになったMummy-Dは「どんどん台詞が増えてきて迷惑です」と悪態をついて会場の笑いを誘う。今作が舞台初出演となるAKLOは「普段の自分の口調とは違った台詞回しで感情を乗せるっていうことがまだしっくりこなくて、そこにちょっとだけ苦労しています」とコメントした。また本作で4年ぶりに舞台作品に出演する小西真奈美は「これだけジャンルの枠を超えた方々とご一緒できることはなかなかないなって思った。それに私はKREVAさんの音楽が大好きなので、KREVAさんの曲を板の上で歌える、その熱量を考えただけで興奮してきて。今回出させていただくことになりました」と参加理由を明かした。小西のラップを聴いたというKREVAは「すごくいいです。美声が生きて、ふわっとした独自の表現力がある」と評すと、Mummy-Dと顔を合わせ頷く。ラップの話題で盛り上がる会見場のムードに、ブラザートムは「いい時代になりましたね。僕たちの時代は、ラッパーやダンサーは食べられない職業だった。ラップをやってる人がメインで何かやるなんて、すごくうれしい時代ですよ」と感慨深けに語った。

また今作で披露される新曲について、KREVAは「桜の歌になるんですが、桜が咲くことではなく、散ることをポジティブに受け取れるようなものにしたい。ウチクレバの2人でしっかり歌える歌を考えました」とコメントした。ウチクレバのチームワークについて、彼は「ドライブが好きみたいだし、まずは内くんの車に乗せてもらおうかな(笑)」と提案。内はこれを快諾し「必ず観ていただいた方に『また観たいね』って言ってもらえる作品にしたいと思います」と力強く誓っていた。

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」

2016年3月25日(金)~4月3日(日)東京都 東京芸術劇場プレイハウス
2016年4月8日(金)~4月10日(日)大阪府 森ノ宮ピロティホール

<出演者>
KREVA / 内博貴 / 増田有華 / 綿引さやか / AKLO / ブラザートム / Mummy-D(RHYMESTER) / 小西真奈美 / and more

<スタッフ>
音楽監督:KREVA
演出・上演台本:野村昌史 / 町田誠也
振付:梅棒
殺陣:大岩主弥

一般発売日:2016年2月28日(日)

音楽ナタリーをフォロー