音楽ナタリー

GACKT、愛に向き合う長編映画「最高の作品を皆様に送ります」

753

GACKTが2017年公開予定の長編映画「カーラヌカン」の主演を務めることが明らかになった。

「カーラヌカン」は沖縄の大自然を舞台にした壮大なラブストーリーで、ライフスタイルプロデューサーとしても活躍する浜野安宏がメガホンを取る。GACKTは劇中で、仕事に対しても女性に対しても積極的な写真家・大山光を演じる。

GACKTは今回の起用を受けて、「一人の沖縄人として沖縄、八重山の大自然をこの映画を通して皆様にお見せします。そして、一人の表現者として最高の作品を皆様に送ります」と意欲を明かしている。また浜野監督は「この映画は愛に生真面目に向き合います。美しく、知力、体力すべてを持つ男が、大自然で初めて『愛になる』死と再生を演じさせたい唯一無二の俳優、GACKTさん。美しい男と美しい女が壮大な沖縄の自然と、深い芸術文化の営みの中で愛の美しさを歌い上げます」とコメントしている。

なおGACKTの相手役となるヒロインはオーディションで決定。2月29日まで募集を受け付けている。詳細は映画のオフィシャルサイトで確認を。

GACKT コメント

浜野監督の作品に対するこだわり、世界観に共感しました。
一人の沖縄人として沖縄、八重山の大自然をこの映画を通して皆様にお見せします。
そして、一人の表現者として最高の作品を皆様に送ります。

浜野安宏 コメント

愛になれ。自信たっぷりに生きてきた40歳前後の男が、初めての愛に気づく。この映画は愛に生真面目に向き合います。美しく、知力、体力すべてを持つ男が、大自然で初めて「愛になる」死と再生を演じさせたい唯一無二の俳優、GACKTさん。美しい男と美しい女が壮大な沖縄の自然と、深い芸術文化の営みの中で愛の美しさを歌い上げます。
究極のナチュラルとドラマが織りなす、これこそニューエージ・ムービーである。

(c)「カーラヌカン」製作委員会

音楽ナタリーをフォロー