音楽ナタリー

スイカ早食いにTバック対決!? グドモ×金爆、相性抜群の爆笑コラボ

3920

「FIST BUMP vol.2 グッドモーニングアメリカ × ゴールデンボンバー ~二大ヒーロー大集結!?~」の様子。(撮影:新保勇樹)

「FIST BUMP vol.2 グッドモーニングアメリカ × ゴールデンボンバー ~二大ヒーロー大集結!?~」の様子。(撮影:新保勇樹)

1月14日に東京・Zepp Tokyoにてグッドモーニングアメリカゴールデンボンバーの対バンライブ「FIST BUMP vol.2 グッドモーニングアメリカ × ゴールデンボンバー ~二大ヒーロー大集結!?~」が行われた。

タワーレコードが企画する「FIST BUMP」は、世代やジャンルを超えた2組のアーティストの競演によって、その2組の間に固いつながりが生まれることを目指して行われているイベント。この日は飛び道具的なパフォーマンスも魅力のグドモとゴールデンボンバーによる競演が繰り広げられた。

異様な熱気がフロアに充満する中、先攻のゴールデンボンバーが登場。鬼龍院翔(Vo-karu)は「今日という日に一番ふさわしい曲を考えた結果、1曲だけありました」と口にすると、ひたすら「アメリカ」を連呼する「アメリカ」をグドモに捧げるように歌い始めた。シュールなオープニングナンバーに観客が爆笑する中、鬼龍院は「こういう曲が本当にあるんです」と言いながら喜矢武豊(Gita-)、歌広場淳(Be-su)、樽美酒研二(Doramu)とともに淡々と歌唱。グドモファンのハートもつかんだところで、「綺麗になりたくて」からギアをトップに入れ激しいパフォーマンスでフロアを沸かせた。

最初のMCは、鬼龍院が「ファイヤー!」とポーズ付きで叫んだり、歌広場が「僕が人気がないのはベースという楽器のせいかと思ったんですが、グッドモーニングアメリカを知ってからというもの楽器のせいじゃないと知りました」とグドモのたなしん(B)へのリスペクトの思いを明かしたり、樽美酒が「今年に入ってからベースを始めたんですよ」と告白し「今日はしっかりアピールして、たなしんさんを超えていくつもりでいきますんで!」とライバル宣言をしたりとたなしんのネタでもちきり状態。また喜矢武は「お台場と言えばいろんなアトラクションがあるじゃないですか。今日は新しいアトラクションを用意したんで、お台場の思い出にしてください」と予告し観客の期待を煽る。そこから続いた「抱きしめてシュヴァルツ」では、ギターソロで喜矢武が回転台に体を括り付け観覧車ならぬ“キャン覧車”になり、水槽に頭を突っ込みながらぐるぐると回転。曲のサビで体に巻きつけた電飾が灯るも、もうもうと煙が上がり始めメンバーが“キャン電死”と書かれたフリップを提示し観客の笑いを誘った。一方樽美酒は、金髪のウィッグに赤いサングラス、表は芥子色の短パン、うしろは黒のTバック姿というたなしんを意識した格好に着替えてエアベースを披露。メンバーの体を張ったパフォーマンスに鬼龍院は「くだらない!」と苦笑いしていた。

「毒グモ女(萌え燃え編)」ではオーディエンスが一体となってメンバーの振り付けにあわせて踊りまくる。鬼龍院が途中で先日結婚したばかりのDAIGOのウィッシュポーズを決めながら「DAIGOさん今年も遊んでねー!」とシャウトすると、会場は爆笑の渦に包まれた。

対するグッドモーニングアメリカも気合いの入ったパフォーマンスを披露。まずはたなしんがスーツ姿で現れ、「今日はぶっちゃけMAMU。みんなに会えてマジうれしい! IMJD! 今から盛り上がる準備できてますか?」とDAIGOを思わせるアルファベットでの略語を織り交ぜながら観客を煽る。たなしんが上半身裸になり、アメリカ国旗を描いたスパッツに衣装替えしたところで、ほかのメンバーが合流。4人は十分にあたたまったフロアをさらに熱狂させるように「キャッチアンドリリース」「ディスポップサバイバー」を連続投下した。

観客の盛り上がりにメンバーも上機嫌。金廣真悟(Vo, G)は「“キャン動”しました!」とゴールデンボンバーのステージを絶賛し、「たなさん、樽美酒さんに負けてたね。筋肉とか脱ぎっぷりとか」とたなしんに手厳しくツッコミを入れる。するとたなしんは鼻息を荒くしながらスパッツを脱ぎ、樽美酒と同じ黒のTバック姿を披露。ほどよく引き締まったお尻を前に、オーディエンスは黄色い悲鳴をあげていた。

そしてグドモは、ゴールデンボンバーファンを巻き込みながら「ファイヤー!」というおなじみのコールで一体感を作り出し、「拝啓、ツラツストラ」「あなたの傍に猛ダッシュで」などをプレイ。迫力たっぷりのバンドサウンドにオーディエンスは拳を突き上げ熱狂する。最後のブロックに入る前に金廣は「今日はジャンルの壁を超えて競演できてうれしいです」と破顔し、「これから俺らは壁を超えて、どんどん成長していこうと思ってるので応援宜しくお願いします!」と宣言。最後にダイナミックなアンサンブルを聴かせる「STAY WITH ME」を届け、ステージをあとにした。

アンコールでは2組のコラボセッションが実現。まずはグッドモーニングアメリカの「空ばかり見ていた」が、鬼龍院と金廣のツインボーカルで披露された。また鬼龍院の「グドモさんの曲だけやって俺らの曲をやらないとか不公平ですよ!」という抗議を受けて、今度はゴールデンボンバーの曲をやる流れに。するとたなしんは「どうしてもやりたいことがあるんです。スイカの早食いをやりたいんですよ!」と喜矢武に懇願する。そして始まった「元カレ殺ス」では、グドモによる迫力たっぷりの爆音のバンドサウンドに乗せてゴールデンボンバーがハイテンションにパフォーマンス。途中でビニールプールが2つステージに運び込まれ、喜矢武とたなしんによるスイカの早食い対決が繰り広げられた。接戦の末に軍配は喜矢武に上がったが、喜矢武とたなしんは互いの健闘を称えるように力強く抱き合う。さらにたなしんと、彼のコスプレをした樽美酒がTバック姿で肩を組んだり、一緒に踊ったりする一幕もあり、オーディエンスは大興奮。グッドモーニングアメリカとゴールデンボンバーの相性のよさをアピールする形で「FIST BUMP vol.2」は終幕した。

FIST BUMP vol.2 グッドモーニングアメリカ × ゴールデンボンバー ~二大ヒーロー大集結!?~
2016年1月14日 Zepp Tokyo セットリスト

ゴールデンボンバー

01. アメリカ
02. 綺麗になりたくて
03. まさし
04. 抱きしめてシュヴァルツ
05. 水商売をやめてくれないか
06. 死 ん だ 妻 に 似 て い る
07. 毒グモ女(萌え燃え編)
08. †ザ・V系っぽい曲†
09. 女々しくて

グッドモーニングアメリカ

01. キャッチアンドリリース
02. ディスポップサバイバー
03. コピペ
04. 拝啓、ツラツストラ
05. あなたの傍に猛ダッシュで
06. 餞の詩
07. 未来へのスパイラル
08. イチ、ニッ、サンでジャンプ
09. STAY WITH ME

アンコール(グッドモーニングアメリカ×ゴールデンボンバー)

01. 空ばかり見ていた
02. 元カレ殺ス

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】