音楽ナタリー

「リハーサルなのに涙が」乃木坂46、紅白初出場に向け気合十分

1675

乃木坂46の音合わせの様子。

乃木坂46の音合わせの様子。

「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが本日12月29日に東京・NHKホールにて実施されている。ここでは乃木坂46のコメントを紹介する。

念願の初出場を果たし「君の名は希望」を歌う彼女たちは、実際のステージ上での音合わせで立ち位置やフォーメーション、目線の位置などを入念に確認。無事にリハーサルを終え、報道陣の囲み取材に応えた。

生駒里奈は初の「紅白歌合戦」リハーサルを終えた感想を「いつもとまったく違う空気感でしたけど、リハーサル終わりでスタッフの皆さんが拍手してくださって。いろんな方が関わってくださってるんだなと思って、本番が楽しみになりました」と語る。また、この日20歳の誕生日を迎えた生駒は報道陣から「お誕生日おめでとうございます」と声をかけられ「ありがとうございます(笑)。すごいプレゼントをもらった気分です。今日の1つひとつを特別なものにして、家に帰って寝たいです(笑)」と答えた。

これまでにもNHKの音楽番組「MUSIC JAPAN」への出演などでNHKホールのステージに立っている彼女たちだが、「紅白歌合戦」としてステージに立った感想を尋ねられると、生田絵梨花は「5倍くらい大きく見えました!」とコメント。秋元真夏も「リハーサルなのに涙が出てきて、うれしくてうれしくて」と喜んだ。

また、昨年はAKB48の交換留学生として「紅白歌合戦」に出場している生駒は、「去年は(報道陣の)フラッシュがすごく痛かったけど(笑)、今年は体勢を準備してきたので疲れなかったです」と語る。生田が「私たちはこんなにフラッシュを浴びたのは人生で初めてなのでびっくりしました」と驚いた様子を見せると、生駒は「雷みたいでしょ?(笑) みんなにも体験してほしかったんです」と、メンバー全員での出場を果たした喜びを語っていた。

「君の名は希望」を歌うことについて尋ねられると、星野みなみは「久しぶりにフロントに立ったんですが、当時はまさか2年後に(「紅白歌合戦」で)披露するとは思ってませんでした。成長した姿を見せられればと思います」とコメント。白石麻衣も「みんなで気合を入れて、最高の舞台を見せたいです」と本番に向けて意気込みを新たにした。

※記事初出時、本文に事実と異なる記述がありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】