音楽ナタリー

Negicco、新潟「NEGI祭」に田島貴男とノーナを招いて2015年ライブ納め

991

「Negicco Second Tour "The Music Band of Negicco" supported byサトウ食品」オープニングの様子。

「Negicco Second Tour "The Music Band of Negicco" supported byサトウ食品」オープニングの様子。

12月26日に新潟・りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 コンサートホールにてライブイベント「NEGI祭 ~2015忘年会~ supported by サトウ食品」が開催され、Negicco、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、NONA REEVESの3組が3時間半を超えるステージを繰り広げた。

オープニングはこのライブをサポートする地元新潟の企業、「サトウの切り餅」などでおなじみのサトウ食品の協力による餅つきからスタート。サトウ食品の赤い法被を着たNegiccoの3人が餅をつき、ひと足早い正月気分を演出した。NegiccoはそのままMCとしてイベントの趣旨を説明し、トップバッターのNONA REEVESを呼び込む。

真城めぐみ(Cho / ヒックスヴィル)、村田シゲ(B / □□□)冨田謙(Key)をサポートに迎えた6人編成で登場したノーナは、Negiccoのサウンドプロデューサー・connieに大きな影響を与えた「LOVE TOGETHER」や「DJ! DJ!~とどかぬ想い~」といった洗練されたポップナンバーを畳み掛け、ホール内を心地よいグルーヴで包み込む。西寺郷太(Vo)は背後にそびえる巨大なパイプオルガンを差し、「パイプオルガンがある会場で歌うのは初めてなので……ヘーイ! みたいな感じで普段よりも朗々と歌っております」と伸びやかなハイトーンを響かせた。そして「Negiccoファンの中にはアレッ?と思った方がいるかもしれませんけど、connieさんが僕らのファンだったから曲調が似てるんですよ。つまり何が言いたいかというと、Negiccoが好きな方はノーナも好きなんじゃないかと思うんです」と緑色に光るペンライト“ネギライト”を持つNegiccoファンにアピールすると、西寺が作曲し、奥田健介(G)と小松シゲル(Dr)もアレンジと演奏で参加したNegiccoへの提供曲「ときめきのヘッドライナー」のセルフカバーへ。しかし西寺は冒頭の一節を歌ったところで「やっぱりあかん、俺だけでは持たへん」とNegiccoの3人を呼び込み、生演奏によるコラボレーションを披露した。

ノーナは「メモリーズ ~ひと夏の記憶~」「HIPPOPOTAMUS」とメロウなナンバー2曲で締めくくり、2番手の田島へとバトンを渡す。田島はギター1本を手に1人でステージに上がり、足元に置いたマシンでキック音を鳴らしながらの“ひとりソウルショウ”スタイルでライブを展開した。「サンシャイン日本海」の作詞・作曲・編曲、「光のシュプール」の編曲とNegiccoのシングルに2作連続で携わり、今年8月に開催されたNegiccoの東京・日比谷野外大音楽堂ワンマンにもサプライズゲストとして登場した田島は熱烈な歓迎ムードの中、「Winter's Tale」「月の裏で会いましょう」「朝日のあたる道」といった人気曲を連発。さらにNegiccoの「クリームソーダLove」をカバーするなどサービス精神旺盛なパフォーマンスで観客を魅了した。また「光のシュプール」ではNegiccoを呼び込み4人でセッション。ラストの「フリーライド」ではギターネック上でネギライトを滑らせる“ネギライト奏法”も飛び出した。

トリを務めたNegiccoは、ホーン隊・ネギホーンズと弦楽四重奏・ラブストリングスを従え、西寺が楽曲提供した「愛のタワー・オブ・ラヴ」や田島もカバーした「クリームソーダLove」などをこの日限りのアレンジに乗せて歌い上げていく。中盤にはこの日のストリングスアレンジを担当した長谷泰宏(Piano / ユメトコスメ)も加わり、バラードタッチに生まれ変わった「恋のEXPRESS TRAIN」などじっくり聴かせる楽曲が続いた。またこの日は長谷が作・編曲を手がけた新曲「カナールの窓辺」が長谷本人のピアノ演奏に乗せて初披露された。後半戦、新アレンジの「圧倒的なスタイル」ではすり鉢状の客席で観客が一斉にラインダンスする圧巻の光景が広がり、続く「ネガティヴ・ガールズ」「さよならMusic」「トリプル!WONDERLAND」で場内のボルテージは最高潮に。最後はこの夏リリースされたシングル「ねえバーディア」で締めくくり、3人は満面の笑顔でステージをあとにした。

アンコールではNegicco、田島、ノーナ、長谷ら出演者が勢ぞろいして、ORIGINAL LOVEのヒットナンバー「接吻 kiss」でコラボレーション。田島、西寺、Negiccoのマイクリレーに場内が沸き立つ中、田島は「ヘイ、りゅーとぴあ! ニイガッタガッタガッタ! テンション高いですか? そこの東京・世田谷からやって来たNONA REEVES、魂の力・ソウルパワーは持ってますか? 新潟のおいしいお米を食べて育ったNegiccoのお嬢さんたち、ソウルパワーはありますか? 魂のパワー聴かせてください、ソウルパワー!」と観客や演者をさらに煽り、魂むき出しのシャウトでコール&レスポンスを求める。田島のハイテンションな煽りで会場のボルテージが最高潮に達したところで、小松がカウントを鳴らし「サンシャイン日本海」へ。ホール内は冬の北陸地方とは思えない熱気に包まれ、「NEGI祭」は大団円を迎えた。

Negicco Second Tour "The Music Band of Negicco" supported byサトウ食品
2015年12月26日 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 コンサートホール セットリスト

NONA REEVES

01. LOVE TOGETHER
02. 夢の恋人
03. DJ! DJ!~とどかぬ想い~
04. ときめきのヘッドライナー with Negicco
05. ラヴ・アライヴ
06. メモリーズ ~ひと夏の記憶~
07. HIPPOPOTAMUS

田島貴男

01. Winter's Tale
02. 月の裏で会いましょう
03. ラヴァーマン
04. ウイスキーが、お好きでしょ
05. クリームソーダLove
06. 光のシュプール with Negicco
07. 朝日のあたる道
08. フリーライド

Negicco

01. 自由に
02. パーティについて。
03. 愛のタワー・オブ・ラヴ
04. クリームソーダLove
05. For a long time
06. 恋のEXPRESS TRAIN
07. おやすみ
08. カナールの窓辺
09. 圧倒的なスタイル
10. ネガティヴ・ガールズ
11. さよならMusic
12. トリプル!WONDERLAND
13. ねえバーディア

アンコール

01. 接吻 kiss / Negicco×田島貴男×NONA REEVES
02. サンシャイン日本海 / Negicco×田島貴男×NONA REEVES

音楽ナタリーをフォロー