音楽ナタリー

“あの人”も熱唱!星野源が「ロック祭り」奔放ステージで大団円

11508

ビクターエンタテインメントが主催するライブイベント「ビクターロック祭り2015」が、本日3月14日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催された。この記事ではイベントのトリを務めた星野源のライブの模様をレポートする。

観客の熱い視線と声援を浴びながら登場した星野は、ステージの真ん中にスタンバイするとアコースティックギターを軽く爪弾きながら「くせのうた」をゆったりと歌い始めた。観客はその声にじっと耳を傾け、深く滋味のある“星野源の世界”に誘われていく。しかし曲が終わるや否や、穏やかな空気を一変するように長岡亮介(G, Cho / ペトロールズ)、伊藤大地(Dr, Cho / SAKEROCK)、石橋英子(Key, Marimba)、伊賀航(B)、ゴメス(Key)からなるサポートバンドが奏でる豪快なアンサンブルが響き、アップテンポな「地獄でなぜ悪い」がスタート。陽気なサウンドにあわせてハンドクラップが起き、朗らかな空気が会場に広がっていく。

2曲続けて歌い終えたあと、星野は「改めまして星野源でーす。いやあ、みんな大丈夫ですか?」と目の前の観客を気遣いつつトークを開始。「今日はトリを務めることができて本当にうれしいです。なんかフェスっぽいことしようかね」と言うと、唐突に「今日、俺うんこしたいんで、『うんこ』って言ってください!」と異色のコール&レスポンスを観客にリクエストする。しかし観客の反応は鈍く、業を煮やした星野は「マイケル・ジャクソンが『Thank you!』って言ったらキャーってなる感じで、盛り上がってください」「いいじゃん1日くらい、全員がうんこって言う日があっても!」とうんこのコール&レスポンスを敢行。大きなレスポンスが返ってきたところで彼は満足げな表情を浮かべ、「じゃあ、めっちゃしっとりした歌をやります」とバラード「くだらないの中に」を全身全霊で歌い上げる。先ほどのコール&レスポンスとのギャップで観客を魅了した。

その後、再びMCを始めた星野は、バックヤードで会った先輩のハナレグミとのエピソードを披露したのち、病で倒れる直前に完成したという「化物」をパフォーマンス。そのまま朗らかなムードを引き継ぐように「ギャグ」へとつなげ、躍動感たっぷりの歌声とバンドサウンドでオーディエンスを魅了した。さらに星野流のダンスチューン「桜の森」が始まると、高揚した空気にますます拍車がかかっていく。星野はフロアを見渡しつつ、体を揺らしながら楽しげに歌声を響かせた。

さらに、星野は「幕張メッセってジャンプするのダメなんだっけ?」とスタッフに確認し、問題ないことを確認すると、サポートの伊藤の掛け声で全員で一斉にジャンプするよう観客にリクエスト。伊藤の合図で会場が大きく揺れると、星野は「できるじゃん! ひとつになったね。気持ち悪かった(笑)」と快活に笑った。しかし楽しい時間はあっという間に過ぎ、星野が「次の曲で最後です」と口にすると「えー!」という声が飛び交う。これを受けて彼は「アンコールがあります。なぜならトリだから!」とニヤリと笑うと、本編のラストナンバー「夢の外へ」を演奏。歌い終わると「アンコールしてね!」と言い残し、一旦ステージを去った。

鳴り止まぬアンコールに呼ばれてステージに登場したのは、布施明ならぬ星野扮するロングヘアとサングラス姿が印象的な“ニセ明”。「どーもー、ニセ明です。意味わかんないでしょ? 俺もー!」と叫んだ彼はハンドマイクで、布施明の名曲「君は薔薇より美しい」を伸びやかな声で熱唱した。その後、「こっからは料金に入ってないんで無責任にやりまーす」と宣言した彼は、トップバッターを務めたレキシを呼び込みトークを展開。レキシは「これからも星野源、ビクターをよろしくねー」と挨拶をすると、軽やかな足取りで去っていく。盟友がステージをあとにすると星野は「この場に立てて本当にうれしいです。皆さんも、出演者の皆さんも、スタッフの皆さんもお疲れさまです。これからもビクターよろしくお願いします」と挨拶し、「最後に1曲だけ、この格好でやります」と長い髪を振り乱しながら「Crazy Crazy」を熱唱。そしてバンドメンバーとともにカーテンコールを行い、「また会いましょう! 星野源でした!」という挨拶をもって「ビクターロック祭り」をフィナーレに導いた。

ビクターロック祭り2015
2015年3月14日 幕張メッセ 国際展示場9-11ホール セットリスト

星野源

01. くせのうた
02. 地獄でなぜ悪い
03. くだらないの中に
04. 化物
05. ギャグ
06. 桜の森
07. 夢の外へ
<アンコール>
08. 君は薔薇より美しい
09. Crazy Crazy

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】