音楽ナタリー

桑田佳祐が紫綬褒章受章「身に余る光栄」

2257

桑田佳祐が2014年秋の紫綬褒章を受章したことが明らかになった。

紫綬褒章は、学術、芸術、スポーツなどの分野で功労があった者に授与される褒章の1つで、春と秋に発表。2013年春には松任谷由実がこの褒章を受章して話題を集めた。2014年秋の褒章は明日11月3日に発令される。

桑田は受章に際してコメントを発表。「デビュー以来ずっと目立ちたい一心で、下劣極まりない音楽をやり続けてきた私が、このような高貴な章をいただけるとするならば、そんな音楽を喜んでくださったたくさんのファンの方々と、大衆芸能を導いて来られた数多の偉大なる先達たちのおかげであると、心から感謝いたしております」と感謝の思いを丁寧につづっている。

桑田佳祐コメント

この度はこのような由緒正しい章をいただきまして、身に余る光栄であるのはもちろんのこと、私のような者が本当にいただいてしまってよいものかと、非常に驚いております。デビュー以来ずっと目立ちたい一心で、下劣極まりない音楽をやり続けてきた私が、このような高貴な章をいただけるとするならば、そんな音楽を喜んでくださったたくさんのファンの方々と、大衆芸能を導いて来られた数多の偉大なる先達たちのおかげであると、心から感謝いたしております。
これからも、みなさまに喜んでいただける音楽を創り続けていけるよう、日々励んでいく所存です。
日本が、そして世界が平和でありますように。
この度は誠にありがとうございました。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】