音楽ナタリー

アプガ、富士山を制覇!山頂で全力ライブ

515

山頂でのライブを成功させたアップアップガールズ(仮)。

山頂でのライブを成功させたアップアップガールズ(仮)。

アップアップガールズ(仮)が富士山山頂でのライブに挑戦する企画「アップアップガールズ(仮)富士山 山頂頂上決戦(仮)」を8月6、7日に決行し、メンバー全員で山頂でのライブを成功させた。

6月に東京・中野サンプラザホールで開催された単独コンサートでサプライズ発表された富士山山頂でのライブ。メンバーとファンを驚愕させた今回の挑戦は安全面を考慮し登山日程を非公表にして行うことが事前にアナウンスされていたが、8月2、3日の「東京アイドルフェスティバル 2014」と8月9日の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」の間のという8月6、7日に完全シークレットで実施された。

8月6日、午前中に集合したメンバーは都内からバスで移動し、昼過ぎに富士山吉田口5合目に到着。身支度を整えたメンバーは16:00頃に登山を開始した。高山病対策のためゆっくりと歩を進めるメンバーは6合目までを比較的スムーズに進行し、メンバー同士でクイズを出し合ったりしりとりをしたりと余裕を見せていた。しかし6合目に突入すると足場はほぼ岩場に。メンバーは今までとは勝手の違う難所に苦戦を強いられるも、声を掛け合いながらチームワークを見せつけてケガもなく登り続ける。しかし想定したこの日の登山スケジュールよりも時間が経過してしまったこともあり、日没によって辺りが暗闇に包まれると徐々に余裕をなくしてきたのか「いつになったら到着するの?」とメンバーの口から不安の声も漏れ始める。そんな折、途中休憩で立ち寄った山小屋で働く女性が森咲樹の高校時代の同級生であることが発覚。突然の再開に森は驚きの表情を見せつつ、ひさしぶりの再会を喜んだ。

そして20:20頃、ようやくこの日の宿泊地である7合目の東洋館に到着。楽しみにしていた夕食のハンバーグ和定食を平らげたメンバーは、夜空に広がる満点の星空を見てこの日の疲れを癒し、翌日に備えて早めに就寝した。

昨日8月7日、御来光を見るためにメンバーは早朝4:00に起床。そして4:50に感動的な日の出を見てテンションを上げ、5:00より山頂に向けて登山を再開させる。前日の疲れを感じさせない軽やかな足取りで岩場をクリアしていくメンバーたち。やたらと長い8合目の道程では自分たちの持ち曲などを全員で口ずさみ、プロの登山ガイドから「15年間この仕事をやっているけど、こんなに歌を歌いながら登山できた人たちは初めて出会った」と称賛の言葉を送られていた。

そして最後の9合目の岩場もクリアしたメンバーは、10:15に山頂へ到達。全員欠けることなく富士山山頂を制覇した。喜ぶメンバーの中で仙石みなみは「もっとくじけそうになると思ったんですけど、心にはすごく余裕があって。やっぱりメンバーと一緒だったからですかね。登山中はみんなで歌を歌いながら楽しく登ることができましたし。本当に純粋に楽しい気持ちしかなかったです」とここまでの登山を振り返った。続いて佐藤綾乃も「途中すごく飽きちゃうんじゃないかって思ったんですけど、メンバーがしりとりとかクイズを出してくれて楽しんで登れました。富士山のことをまったく知らないで今回登山したんですけど、それがよかったのかも。ガイドさんからいろいろ教えてもらいながら登るのが楽しくて。あと、私は今回メンバーの一番後ろからみんなに声をかけていたんですけど、そうやってみんなを鼓舞しながら登りました」と語り、これから行うライブについても「道中ずっと歌ってきたので絶対大丈夫! たくさんの人に観てもらいたいです」と自信に満ちた表情でアピールした。

メンバーは山頂での参拝や小休憩を経て、今回の企画の大目的でもあるライブを実施するために富士山の火口が見える浅間岳へと移動する。山頂から30分ほどで目的地に到着すると、メンバーは登山着から衣装に着替え戦闘態勢を整えた。そしてライブのオーディエンスを集めるために登山客に声をかけ即席のライブ空間を作り出すと、13:00頃にライブをスタートさせた。1曲のみのスペシャルライブは「全力!Pump Up!!」を文字通り全力で披露すること。彼女たちは集まった大勢の登山客にここまでの疲労を吹き飛ばすようなパワフルなパフォーマンスを見せつけ、大歓声に包まれた。

富士山山頂でのライブを行うという、アイドル界で初の偉業を達成したアプガ。ライブ終了後、佐藤は今回の富士山山頂でのライブを振り返り「いつも生きるか死ぬかのライブをやってるアプガですけど、ライブを終えて、今までやってきたことが今回の挑戦に活かされているなって改めて実感しました」とコメント。また森は「山頂でのライブを見て私たちのことを好きになったと言ってくれた登山客の方も多くて、本当に大きな一歩になったと思います。それに今回の企画のためにファンの皆さんがタスキにメッセージを書いてくださって。この想いがあったからここまでやり遂げることができたと思います。本当に感謝しています」と語った。

仙石みなみは日本一の富士山を制覇したアプガの次の目標について「高い場所でのライブは富士山で制覇したので、あとは会場の大きさで日本武道館を制覇したい。アイドル界のトップを狙っていきます!」と高らかに宣言し、富士山山頂決戦を締めくくった。

なお「富士山 山頂頂上決戦(仮)」の前哨戦としてアプガが富士山の5合目までを自転車で激走した実況ライドムービーが現在「Japan Dream Road」のサイトで公開中。さらにこの日の登山と頂上ライブの映像も後日公開される予定となっている。

音楽ナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【音楽ナタリー】