音楽ナタリー

みみめめMIMI、歌とダンスと弾き語りで“視”せた初ライブ

185

みみめめMIMIが昨日6月22日にワンマンライブ「“Welcome to みみめめLAND”」を開催した。

昨年8月14日にデビューしたみみめめMIMIは雑誌やラジオなどのメディア露出はあるものの、素顔は公表せず正体を隠して活動してきた。初ライブとなったこの公演では歌唱、作詞、作曲を担当しているユカがステージに登場。もう1人のメンバーであるちゃもーいが手がけたイラストレーションとともに、みみめめMIMIの世界を最大限に表現したパフォーマンスを披露した。

スタージ前の紗幕に投影されたオープニング映像が終わり、ピアノのイントロが流れ出すとステージにはユカのシルエットが浮かび上がる。そして彼女は「Mr.Darling」からライブをスタートさせた。デビュー曲「センチメンタルラブ」をワンコーラス歌い上げたところで、紗幕が振り落とされると客席からは大歓声が沸き上がる。ファンの前に初めて姿を現した彼女は白いドレスに身を包み、はにかんだ笑顔を浮かべると同曲をエモーショナルに歌唱した。

ユカは「みみめめMIMIです。本日はみみめめMIMI 1st LIVE“Welcome to みみめめLAND”開園日に皆さんようこそお越しいただきました」と手短に挨拶し、そのまますぐに「蝶~Butterfly~」へと突入していった。心地よいリズムに自然と客席からはハンドクラップが起こり、それを受けてユカも手拍子をしながら同曲をパフォーマンス。ステージ後ろのスクリーンに映し出される優雅に舞う蝶のアニメーションとともに楽曲の世界をセンチメンタルな歌声で届けていった。

バラードナンバー「Am I Ready?」を経て彼女が一度ステージを捌けると、会場にはBGMに合わせて鮮やかなレーザー演出が展開されていく。そしてラベンダーカラーのトップスにブルーとオレンジのサーキュラースカートというポップな出で立ちでステージに再登場したユカは、2人のダンサーを引き連れて「閃光ハナビ」を披露。同曲でキュートにダンスをしたかと思うと、「皆さん目と耳の調子はいかがですか?」と観客を煽り、ユニット名「みみめめMIMI」にちなんだコール&レスポンスから「瞬間リアリティ」と「サヨナラ嘘ツキ」の2曲を激しくパフォーマンスした。

終盤ではユカの口から「こうやって自分の歌をみんなに届けることに憧れてました。これからもちゃもーいとだからこそ証明できるもの、みんなの目と耳に愛してもらえるような視聴覚音楽を届けて行きたいです」という熱い思いが語られた。そして彼女はラストナンバー「ミッディを」届け、本編を終了させた。

アンコールではピアノ弾き語りで「センチメンタルラブ」と新曲「SAY-YOU」を披露。観客はそのセンチメンタルな歌声と切なく激しいピアノ演奏に真剣に耳を傾けた。そして彼女は最後に「今日から生まれ変わっていくみみめめMIMIをよろしくお願いします。みみめめMIMIボーカルのタカオユキでした」と自身の正体を明かし、大歓声を浴びながらステージをあとにした。

みみめめMIMI 1st LIVE“Welcome to みみめめLAND” セットリスト

01. Mr.Darling
02. センチメンタルラブ
03. 蝶~Butterfly~
04. Am I Ready?
05. 閃光ハナビ
06. 瞬間リアリティ
07. サヨナラ嘘ツキ
08. ミッディ
<アンコール>
09. センチメンタルラブ(ピアノ弾き語り)
10. SAY-YOU(ピアノ弾き語り)

音楽ナタリーをフォロー