第25回鶴屋南北戯曲賞は岡田利規「未練の幽霊と怪物―『挫波』『敦賀』―」

115

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 18 49
  • 48 シェア

第25回鶴屋南北戯曲賞を、岡田利規「未練の幽霊と怪物―『挫波』『敦賀』―」が受賞した。

岡田利規(c)Kikuko Usuyama

岡田利規(c)Kikuko Usuyama

大きなサイズで見る

岡田が能をモチーフに、霊的な存在が思いを語る“夢幻能”の構造を用いて創作した「未練の幽霊と怪物―『挫波』『敦賀』―」は、建築家ザハ・ハディドをシテに描く「挫波」、高速増殖炉もんじゅを巡る「敦賀」の2作品で構成された戯曲。昨年、神奈川・愛知・兵庫で上演され、「挫波」には、太田信吾、森山未來、片桐はいり、「敦賀」には栗原類、石橋静河、片桐が出演し、いずれの演目でも七尾旅人が謡を務めた。

一般財団法人 光文文化財団が主催する鶴屋南北戯曲賞は、その年に上演された日本語の新作戯曲を対象とした戯曲賞。新型コロナウイルスのため、前回第24回鶴屋南北戯曲賞は中止になっていた。贈呈式は3月23日に東京・帝国ホテルにて行われる。

なお、岡田は第29回読売演劇大賞の演出家賞にノミネートされている。

関連する特集・インタビュー

関連記事

岡田利規のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田利規 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします