青山で4日間開催、パフォーマンスフェスティバル「WWFes 2021」

27

「Whenever Whenever Festival 2021」が12月23日から26日まで、東京・スパイラルホールほかにて開催される。

「Whenever Whenever Festival 2021」チラシ表

「Whenever Whenever Festival 2021」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「Whenever Whenever Festival 2021(WWFes 2021)」は東京都青山を中心に、身体を通して新たにイメージするパフォーマンスフェスティバル。会期前半は「Mapping Aroundness──〈らへん〉の地図」と題して、10名のキュレーターによる30企画を披露。後半は「Becoming an Invisible City Performance Project〈青山編〉──見えない都市」と題して、山崎広太と27名のコラボレーターによる振付作品が披露される。上演スケジュールは公式サイトで確認を。

この記事の画像(全2件)

「Whenever Whenever Festival 2021」

2021年12月23日(木)~26日(日)
東京都 スパイラルホール ほか

「Mapping Aroundness──〈らへん〉の地図」

2021年12月23日(木)~26日(日)
東京都 スパイラルホールとその周辺(23・24日)、7days 巣鴨店(24~26日)、オンライン(12月1日~26日)

参加アーティスト:手塚夏子梅田宏明、前後(神村恵+高嶋晋一)、久保田舞、坂藤加菜、杉本格朗、瀬藤康嗣、三浦秀彦、難波祐子、アースラ・イーグリー、マデリン・ベスト、北村武美、小川真帆、神村恵、西村未奈、よだまりえ、松丸契、高良真剣、村井祐希、浜田明李、木内俊克、Aokid / 篠田千明、木村覚、大道寺梨乃 / 中川友香、村社祐太朗 / 七里組 七里圭 / たくみちゃん 南雲麻衣 / O,1、2 人(外島貴幸+吉田正幸)、明日のアー、山崎成美、永田康祐 / 敷地理、スペースノットブランク関かおり島地保武小暮香帆後藤ゆう、鶴家一仁、宮脇有紀、モテギミユ、山口静、大橋武司、栗朱音、酒井直之、田上碧、山縣太一、渡辺好博、都田かほ、松本奈々子、山野邉明香 / BIC Glocal みたか

「Becoming an Invisible City Performance Project〈青山編〉──見えない都市」

2021年12月25日(土)・26日(日)
東京都 スパイラルホール、オンライン

振付:山崎広太
出演・振付コラボレーター:浅沼圭、穴山香菜、木原浩太、久保田舞、小暮香帆、後藤ゆう、鶴家一仁、都田かほ、中林香波、長沼航、松尾望、松本奈々子、宮脇有紀、モテギミユ、八木光太郎、 山口静、山中芽衣、山野邉明香、ヨシアノ、山崎広太、 坂藤加菜、島地保武、高山花子、渡辺好博、田村友一郎、大谷能生、舩橋陽、竹下勇馬
展示:山崎成美、永田康祐、木内俊克、神村恵
オンライン:木村覚、大道寺梨乃、小川真帆 ほか / 黒田杏奈、大城真、福留麻里 / 神村恵 / ミルク倉庫+ココナッツ、山崎成美、山川陸+JK・アニコチェ+武田侑(Transfield Studio)、岩渕貞太、三輪健仁、石山友美、久保明教 / 武藤大祐、林慶一、佐藤美紀、高山花子 ほか

※ 浜田明李の「浜」は異字体、黒田杏奈の「黒」は旧字体、高山花子の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

手塚夏子のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 手塚夏子 / 梅田宏明 / 神村恵 / 坂藤加菜 / Aokid / 篠田千明 / 大道寺梨乃 / 村社祐太朗 / 七里圭 / 吉田正幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします