ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

島地保武

シマジヤスタケ

1978年長野県生まれ。2004年から06年までNoism、06年から15年にはザ・フォーサイス・カンパニーに所属し、メインパートを踊る。13年に酒井はなとのユニットAltneuを結成。資生堂第七次椿会メンバーになり、パフォーマンスに加えインスタレーション作品を展示。近年の作品にNoism2「かさねのいろめ」(15年、演出・振付)、愛知県芸術劇場制作での島地保武×ROY「ありか」(16年~、演出・振付・出演)、KAATキッズ・プログラム「不思議の国のアリス」(17年~、出演)、「短い影」(17年、アレッシオ・シルベストリンとの共作・出演)、谷桃子バレエ団「Sequenza」(17年、演出・振付)など。また17年にはアーツ前橋「アートの秘密」展にインスタレーション作品「正午」と「震える影を床に落とす」を出品した。18年にはNoism2「私を泣かせてください」(演出・振付)、鳥取県文化振興財団制作「夢の破片」(演出・振付)を担当。また辻本知彦(「辻」は一点しんにょうが正式表記)とのユニット「からだ」を始動し第1回公演「あし」を発表。東京総合芸術高等学校非常勤講師も務める。

島地保武に関連する画像

島地保武のニュース

ステージナタリーをフォロー