会場は日本庭園、烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」初の野外公演が三重で開幕

1

77

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 11 24
  • 42 シェア

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」が、本日11月13日に三重・三重県総合文化センター フレンテみえ裏 日本庭園で開幕した。

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)

大きなサイズで見る(全3件)

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)[拡大]

「祝・祝日」は、神前で行われる歌舞“神楽”に焦点を当てた、烏丸ストロークロックの作品。2018年の宮城での初演以来、広島・兵庫・京都・沖縄で上演が重ねられてきた。今回の三重公演では、初の野外上演に挑む。テキスト・構成・演出を柳沼昭徳が担当。中川裕貴のチェロ演奏に乗せ、澤雅展、坂田光平、小菅紘史、崎田ゆかり、柳泰葉が舞とお囃子、唄を披露する。

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」より。(撮影:松原豊)[拡大]

開幕に際して柳沼は「コロナ禍が落ち着いたとはいえ、ご来場いただくたくさんの方々に厚く御礼を申し上げます。この公演は会場の日本庭園の木々が秋色に染まりゆく中での、お祭りと神楽の催しを模した野外公演となっています。これまでどなた様も少なからず抑圧的で憂鬱な暮らしが続いていたとは思いますが、この公演が、ご来場いただくお客様、そしてご支援いただいている皆様にとって、晴れやかでおおらかで笑顔のこぼれるひとときになると幸いです」とコメントした。

「祝・祝日」は雨天決行、荒天中止。会場では軽食も販売され、公演は明日11月14日まで行われる。

なおステージナタリーでは「祝・祝日」の特集を展開。柳沼に「祝・祝日」への思いを語ってもらった。

この記事の画像(全3件)

烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」

2021年11月13日(土)・14日(日)
三重県 三重県総合文化センター フレンテみえ裏 日本庭園
※雨天決行、荒天中止。

テキスト・構成・演出:柳沼昭徳
音楽・チェロ演奏:中川裕貴
舞・お囃子・唄:澤雅展、坂田光平、小菅紘史、崎田ゆかり、柳泰葉

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】会場は日本庭園、烏丸ストロークロックと祭「祝・祝日」初の野外公演が三重で開幕(コメントあり)
https://t.co/OLdE9gdLtd https://t.co/iLUIil8jPQ

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

烏丸ストロークロックのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 烏丸ストロークロック / 柳沼昭徳 / 小菅紘史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします