落語作品をドラマ化「にんげんこわい」脚本に山田由梨・ぺヤンヌマキ・舘そらみら

7

216

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 35 111
  • 70 シェア

「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」が、来年2月6日からWOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで放送・配信される。同作の脚本を山田由梨ペヤンヌマキ舘そらみが担当することが明らかになった。

「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」ビジュアル

「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」ビジュアル

大きなサイズで見る

これは、落語の“人間の怖さ”が際立つ演目4作をアレンジし、全5話のオムニバスドラマにした企画。第1話「心眼」は、脚本を首藤凜が手がけ、出演者には黒木華東出昌大松本妃代が名を連ねた。山田が脚本を担う第2話「辰巳の辻占」には、山本美月岡山天音大東駿介が出演。第3話「紺屋高尾」はペヤンヌが脚本を担当し、永山絢斗瀧内公美きたろうが登場し、2話に分けて放送される「宮戸川」は、舘が脚本を執筆し、奈緒若葉竜也萩原みのり中島歩が出演する。監督を賀内健太郎と山田が務め、語りを柳家喬太郎が担う。

放送に向け、喬太郎は「普段は落語を聞かない役者さんもいたと思いますが、落語の世界の人物を演じてくれていることが、すごく新鮮でした。このドラマを通して、一人でも二人でも落語を聞いてくれる人が増えるといいなと思います」とコメントしている。

柳家喬太郎コメント

落語は温かい話だと思われがちなところもありますが、そうでもありません。人間は残酷です。その残酷を笑いにまぶしながらも、残酷なまま描いているのが落語だと思います。このドラマは落語を再現するドラマではありません。落語を通して、現代人にも通じる人間の怖さを描いています。ですので、私も、落語に対する固定観念を捨てて、一人の視聴者として拝見することができました。そして、もっと見たくなりました。普段は落語を聞かない役者さんもいたと思いますが、落語の世界の人物を演じてくれていることが、すごく新鮮でした。このドラマを通して、一人でも二人でも落語を聞いてくれる人が増えるといいなと思います。

WOWOWプライム「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」

2022年2月6日(日)より毎週日曜23:00~放送

監督:賀内健太郎、山田由梨
語り:柳家喬太郎

「第1話 心眼」

脚本:首藤凜
出演:黒木華東出昌大松本妃代

「第2話 辰巳の辻占」

脚本:山田由梨
出演:山本美月岡山天音大東駿介

「第3話 紺屋高尾」

脚本:ペヤンヌマキ
出演:永山絢斗瀧内公美きたろう

「第4話 宮戸川・上」「最終話 宮戸川・下」

脚本:舘そらみ
出演:奈緒若葉竜也萩原みのり中島歩

WOWOWオンデマンド「WOWOWオリジナルドラマ にんげんこわい」配信

2022年2月6日(日)、3月6日(日)

全文を表示

読者の反応

  • 7

ペヤンヌマキ演劇ユニット ブス会* @busukai

【 #ペヤンヌマキ 】脚本
WOWOWオリジナルドラマ「にんげんこわい」第3話『紺屋高尾』
2022年2/20(日)23:00〜

落語の“人間の怖さ”が際立つ演目4作をアレンジし、全5話のオムニバスドラマにした企画です!
https://t.co/Mp9wRzZqJJ

コメントを読む(7件)

関連記事

山田由梨のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山田由梨 / ペヤンヌマキ / 舘そらみ / 首藤凜 / 柳家喬太郎 / 黒木華 / 東出昌大 / 松本妃代 / 山本美月 / 岡山天音 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします