坂東玉三郎、13年ぶりに挑む「信濃路紅葉鬼揃」に「けっこう大変です」とはにかむ

8

343

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 82 172
  • 89 シェア

「十二月大歌舞伎」が、12月1日から26日まで東京・歌舞伎座で上演される。これに向け、第3部「信濃路紅葉鬼揃」に出演する坂東玉三郎の取材会が、本日11月10日に東京都内で行われた。

坂東玉三郎(c)松竹

坂東玉三郎(c)松竹

大きなサイズで見る(全7件)

坂東玉三郎(c)松竹

坂東玉三郎(c)松竹[拡大]

坂東玉三郎(c)松竹

坂東玉三郎(c)松竹[拡大]

坂東玉三郎(c)松竹

坂東玉三郎(c)松竹[拡大]

「信濃路紅葉鬼揃」は、観世小次郎信光による能「紅葉狩」を題材にした松羽目舞踊。2007年に初演、翌年2008年に上演され、玉三郎はいずれの公演にも鬼女役で出演した。今回上演に至った経緯について、昨年同劇場で行われた「十二月大歌舞伎」第4部「日本振袖始」の好評を挙げ、「“後ジテもの”で派手なものを、お客様が好んでくださったみたいなので、今回『信濃路紅葉鬼揃』をやらせていただきます」とほほ笑む。

「信濃路紅葉鬼揃」は上臈から鬼女、「日本振袖始」は岩長姫から八岐大蛇へと、いずれも変化で魅せる作品だが、「鬼女は“恨み”の気持ちしかなく、『日本振袖始』の岩長姫のような哀れさがない。(『信濃路紅葉鬼揃』は)鬼がそろって、華やかに出てくるというところが大切で、あまり悲しさはないですね」と話す。

「信濃路紅葉鬼揃」より、坂東玉三郎扮する鬼女。(撮影:福田尚武)

「信濃路紅葉鬼揃」より、坂東玉三郎扮する鬼女。(撮影:福田尚武)[拡大]

「信濃路紅葉鬼揃」より、坂東玉三郎扮する鬼女。(撮影:福田尚武)

「信濃路紅葉鬼揃」より、坂東玉三郎扮する鬼女。(撮影:福田尚武)[拡大]

また約13年ぶりとなる上演に「(振りを)すっかり忘れていて、けっこう大変です」とはにかむ。本演目には玉三郎のほか、平維茂役で中村七之助、鬼女役で中村橋之助、中村福之助、中村歌之助、尾上左近、上村吉太朗、そして山神役で尾上松緑が出演する。「私以外の鬼女は新人ばかりですし、鬼女はそろうことが重要。なので、稽古は11月5日から始めています。また、(鬼女役には)女方をやっていない人が多いのですが、彼らには『(鬼女を)女だと思わないで、“大口をはいた前シテ”というふうに捉えてください』と伝えています」と語る。

さらに「信濃路紅葉鬼揃」の難しさを「歌舞伎の様式にない振りが多いこと」と話しつつ、「能の型としては、サシ込ミ、ヒラキ、サシ回シ、そして上扇だけですが、私たちは歌舞伎俳優なので、正確には(型を)できませんし、若手も苦労しています。ただ専門家の方が観たら『なるほど、よくまねたな』と思っていただけるところまでできれば」と意気込みを述べた。

「紅葉狩りをするという内容なので、本来は10月か11月に上演すべきですが、今は温暖化の影響で12月にも紅葉が見られるようになって。12月に紅葉狩りって、昔だったらやぼな話なんですけどね」と冗談交じりに述べつつ、かねてから環境問題に関心があったことを明かし、「私は、お客様と演じ手が、同じ時間と空間を共有することを一番大事にしています。でも、あと何十年かして、もっと自然が破壊されたら、劇場に来られるかどうかもわからない時代になるかもしれない」と目を伏せる。「そういった問題に目を向けないと、自分が舞台で何をすべきで、何をお客様に提供すればいいのか、軸がわからなくなってくるんですね。『信濃路紅葉鬼揃』は、環境問題とは直接関係ありません。ただ、社会的な問題や、地球の問題について考えることは、私が上演する戯曲を選定する際の根本的な裏付けとして、どうしても必要で、こだわっているポイントでもあります」と言葉に力を込め、取材を締めくくった。

「十二月大歌舞伎」には、「信濃路紅葉鬼揃」のほか、市川猿之助らが出演する「三代猿之助四十八撰の内 新版 伊達の十役」、中村勘九郎ら出演の「男女道成寺」「ぢいさんばあさん」、七之助、松緑が出演する「義経千本桜 吉野山」がラインナップされている。チケットの販売は11月14日10:00にスタート。

この記事の画像(全7件)

「十二月大歌舞伎」

2021年12月1日(水)~26日(日)
東京都 歌舞伎座

第1部

「三代猿之助四十八撰の内 新版 伊達の十役」

作:四世鶴屋南北
補綴・演出:奈河彰輔、石川耕士
演出:市川猿翁、市川猿之助

出演
乳母政岡 / 松ヶ枝節之助 / 仁木弾正 / 絹川与右衛門 / 足利頼兼 / 三浦屋女房 / 土手の道哲 / 高尾太夫の霊 / 腰元累 / 細川勝元:市川猿之助
八汐:坂東巳之助
侍女澄の江 / ねずみ:中村玉太郎
政岡一子千松:市川右近
妙林:市川弘太郎
渡辺外記左衛門:市川寿猿
松島:市川笑三郎
沖の井:市川笑也
妙珍:市川猿弥
渡辺民部之助:市川門之助
栄御前:市川中車

第2部

一、「男女道成寺」

出演
白拍子花子:中村勘九郎
白拍子桜子実は狂言師左近:尾上右近
強力不動坊:市村橘太郎
強力普文坊:中村吉之丞

二、「ぢいさんばあさん」

原作:森鴎外
作・演出:宇野信夫

出演
美濃部伊織:中村勘九郎
下嶋甚右衛門:坂東彦三郎
宮重久右衛門:中村歌昇
宮重久弥:尾上右近
久弥妻きく:中村鶴松
山田恵助:中村吉之丞
柳原小兵衛:坂東亀蔵
伊織妻るん:尾上菊之助

※鴎外の「鴎」は旧字体が正式表記。

第3部

一、「義経千本桜 吉野山」

出演
佐藤忠信実は源九郎狐:尾上松緑
静御前:中村七之助

二、「信濃路紅葉鬼揃」

出演
鬼女:坂東玉三郎
平維茂:中村七之助
鬼女:中村橋之助
鬼女:中村福之助
鬼女:中村歌之助
鬼女:尾上左近
鬼女:上村吉太朗
山神:尾上松緑

全文を表示

読者の反応

  • 8

白央篤司 @hakuo416

した → する

12月公演でした。ナタリーの記事も合わせて読みたい。

https://t.co/YPXizspJ42

コメントを読む(8件)

関連記事

坂東玉三郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 坂東玉三郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします