宮本亞門演出の東京二期会「魔笛」開幕、指揮者ギエドレ・シュレキーテが喜び語る

1

119

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 18 60
  • 41 シェア

東京二期会「魔笛」が、本日9月8日に東京・東京文化会館 大ホールで開幕した。

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起

大きなサイズで見る(全17件)

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起[拡大]

「魔笛」は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲によるオペラ。本プロダクションの「魔笛」は、宮本亞門の欧州オペラデビュー作として、2013年にオーストリア・リンツ州立劇場で世界初演されたもので、今回は東京二期会の創立70周年記念公演、および東京二期会とリンツ州立劇場との共同制作公演として実施される。

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起[拡大]

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起

東京二期会「魔笛」東京公演のゲネプロより。(c)西村廣起[拡大]

東京公演では、リトアニア出身のギエドレ・シュレキーテが指揮を担当。開幕に際し、シュレキーテは「日本で仕事をすることが大きな夢でしたから、今、とてもワクワクしています! 『魔笛』は私にとって、とても特別な作品。私が指揮した最初のオペラなのです。モーツァルト最後のオペラですから、音楽技法が凝縮されていて、とてもシンプルでありながら、とても深く、そして、ピュアで、私たちの心に直接響きます! どうぞお越しください」とコメントした。

上演時間は休憩ありの約3時間15分。東京公演は9月12日まで。その後、10月に山形と群馬、11月に北海道で上演される。

この記事の画像(全17件)

二期会創立70周年記念公演 リンツ州立劇場との共同制作公演 東京二期会オペラ劇場 二期会名作オペラ祭「魔笛」

2021年9月8日(水)~12日(日)
東京都 東京文化会館 大ホール

2021年10月9日(土)
山形県 やまぎん県民ホール(山形県総合文化芸術館)

2021年10月14日(木)
群馬県 高崎芸術劇場 大劇場

2021年11月6日(土)
北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru

指揮:ギエドレ・シュレキーテ(東京公演)、阪哲朗(山形公演)、川瀬賢太郎(群馬・北海道公演)
演出:宮本亞門

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】宮本亞門演出の東京二期会「魔笛」開幕、指揮者ギエドレ・シュレキーテが喜び語る(コメントあり / 写真17枚)
https://t.co/othOwJNOMI https://t.co/pOr8hH7lxQ

コメントを読む(1件)

東京二期会のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 東京二期会 / 宮本亞門 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします