マンガ「信長を殺した男」が“朗読活劇”に、平野良・鈴木裕樹ら出演

「朗読活劇 信長を殺した男 2021」が、11月26日から28日まで東京・神田明神ホールで上演される。

「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」8巻の表紙。(秋田書店 / ヤングチャンピオン・コミックス)

「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」8巻の表紙。(秋田書店 / ヤングチャンピオン・コミックス)

大きなサイズで見る(全12件)

これは、明智憲三郎原案による藤堂裕のマンガ「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」をもとにした朗読劇。原作マンガにはない新たなエピソードが展開する今作には、明智光秀やその娘・細川玉が登場。三味線の生演奏を交えて本能寺の変の“真実”を巡る物語が紡がれる。

平野良

平野良[拡大]

鈴木裕樹

鈴木裕樹[拡大]

脚本を岡本貴也江頭美智留、演出を岡本が担当。キャストは2チーム制で、桔梗チームには平野良安里勇哉横田龍儀菊池修司、相良茉優、木瓜チームには鈴木裕樹古谷大和宮崎湧大崎捺希久保田未夢が出演する。

出演に向け、平野は「この時代を演じさせて頂くことが多いので、また新たな解釈と世界観を生きられることが楽しみです」、鈴木は「原作も読ませて頂いていた作品への出演、光栄です。そして朗読“活”劇……ご期待ください!」とコメント。また相良は「朗読劇は初挑戦なので色々わからないことだらけですが、良い作品になるよう一生懸命頑張ります!」、久保田は「初めましての方が多くて緊張しますが、精一杯演じさせていただきます。がんばります!」と意気込みを語った。チケットの一般販売は10月23日10:00にスタート。

この記事の画像(全12件)

「朗読活劇 信長を殺した男 2021」

2021年11月26日(金)~28日(日)
東京都 神田明神ホール

原作:「信長を殺した男~本能寺の変431年目の真実~」(秋田書店 / ヤングチャンピオン・コミックス)
マンガ:藤堂裕
原案:明智憲三郎
脚本:岡本貴也江頭美智留
演出:岡本貴也

出演

桔梗:平野良安里勇哉横田龍儀菊池修司、相良茉優
木瓜:鈴木裕樹古谷大和宮崎湧大崎捺希久保田未夢

全文を表示
(c)「朗読活劇 信長を殺した男 2021」製作委員会

関連記事

平野良のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 平野良 / 安里勇哉 / 横田龍儀 / 菊池修司 / 鈴木裕樹 / 古谷大和 / 宮崎湧 / 大崎捺希 / 久保田未夢 / 藤堂裕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします