36年ぶりの共演で話題、片岡仁左衛門&坂東玉三郎「桜姫東文章」がシネマ歌舞伎化

2

5517

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 1722 3508
  • 287 シェア

シネマ歌舞伎「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)上の巻 / 下の巻」が来年の春に公開されることがわかった。

1982年2月南座公演に向けた「桜姫東文章」宣伝ビジュアル。(c)松竹

1982年2月南座公演に向けた「桜姫東文章」宣伝ビジュアル。(c)松竹

大きなサイズで見る

シネマ歌舞伎の最新作となる今回は、今年4月と6月に東京・歌舞伎座で上演された「桜姫東文章」の上の巻、下の巻を撮影したものとなる。片岡仁左衛門坂東玉三郎が、本演目で36年ぶりの共演を果たし、話題となった。

鶴屋南北による「桜姫東文章」は、運命に翻弄されながら流転の人生を歩む桜姫と、因果の糸に執着して身を滅ぼす清玄、悪の華・権助を中心にした物語。公演では36年前の共演時と同様、桜姫を玉三郎が、清玄と権助を仁左衛門が演じた。

本作はシネマ歌舞伎ならではのカットや編集が加えられ、ドラマティックな映像作品として仕上げられる。シネマ歌舞伎「桜姫東文章」は上の巻・下の巻の2部作で公開予定だ。詳細は続報を待とう。

シネマ歌舞伎「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)上の巻 / 下の巻」

2022年春公開

上の巻

出演:片岡仁左衛門坂東玉三郎中村歌六中村鴈治郎中村錦之助上村吉弥中村福之助片岡千之助片岡松之助 ほか

下の巻

出演:片岡仁左衛門、坂東玉三郎、中村歌六、中村錦之助、片岡孝太郎、上村吉弥、中村福之助、片岡千之助、嵐橘三郎 ほか

全文を表示

読者の反応

  • 2

ori @orixiang

来年の春、シネマ歌舞伎で映画館で見られるよ。

https://t.co/FfuIp2lLEy

コメントを読む(2件)

関連記事

片岡仁左衛門のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 片岡仁左衛門 / 坂東玉三郎 / 中村歌六 / 中村鴈治郎 / 中村錦之助 / 上村吉弥 / 中村福之助 / 片岡千之助 / 片岡松之助 / 片岡孝太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします