浦井健治画伯による“うらけん”がアニメ化、華やかな舞台を夢見る「きょうのうらけん」

346

浦井健治が描いたキャラクター・うらけんが、新作短編アニメーション「きょうのうらけん」として、明日5月2日からフジテレビ「キャラダチミュージアム ~MoCA~」で放送される。

「きょうのうらけん」より。

「きょうのうらけん」より。

大きなサイズで見る(全4件)

うらけん

うらけん[拡大]

浦井の味のある絵はこれまでにも、LINEスタンプやオフィシャルグッズのデザインに起用されてきた。今回は、さまざまなキャラクターが集まる不思議な美術館を舞台にした情操教育番組「キャラダチミュージアム ~MoCA~」にて、アニメ化される。

うらけんは、劇場の舞台裏に住みつく犬。いつか華やかな舞台に立つことを夢見て、毎日の公演を楽しみに過ごしている。「きょうのうらけん」はそんなうらけんが、ミュージカルのことや日々の舞台裏のちょっとしたことについて、一人語りするアニメーション作品だ。浦井がうらけんの声を担当し、多彩な声色を駆使してうらけんに命を吹き込む。なお、最新放送回がTVerとFODでも配信される。

浦井健治コメント

浦井健治

浦井健治[拡大]

“うらけん”アニメーション化・放送開始について

まさかの出来事です! 落書きから始まった……うらけんが……ついに、動きます!!

そして、物凄く、素敵な台本とアニメーションで、躍動的になってます!!

しかもコンセプトが、ミュージカルの劇場での、うらけん。こんなに素敵な企画を、今回立ち上げて下さった全ての方々に、改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、この作品をご覧になられた方が、少しでもほっこり笑顔になってくれますように。

アニメ制作時のエピソード

監督さんが収録前に、ご自身で声を入れてサンプルを下さったのですが……それが、面白すぎて、すでにプレッシャーでした。

とても心地良い環境で、収録させて頂きました!

今、世界中で、劇場が封鎖されていたり、エンタメとの向き合い方、劇場というものの存在の仕方など、考えさせられることが多いです。しかし、人々は、演劇やエンターテインメントに、心の豊かさや、学びや、癒やしを得ていると感じています。

だからこそ、このうらけんがエンターテインメントって、そうだよね! そうそう!と、じんわり心が温かくなって頂ける存在になるよう、番組のお手伝いができたら嬉しいです!!

この記事の画像(全4件)

フジテレビ「キャラダチミュージアム ~MoCA~」

毎週日曜日5:10~5:40放送 ※関東ローカル

「きょうのうらけん」

監修:石井浩二
脚本:煙山夏美
アニメ制作:尾中たけし

声:浦井健治

全文を表示
(c)浦井健治/アニメうらけんプロジェクト

関連記事

浦井健治のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 浦井健治 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします