人間国宝・梅若実玄祥の舞台生活70周年記念公演に上野水香・大貫勇輔

136

梅若実玄祥の舞台生活70周年記念公演企画 能楽舞踊劇「鷹の井戸」が5月22日に大阪・NHK大阪ホールにて上演される。

「新作舞踊劇 鷹の井戸」過去の公演より。(撮影:塩崎亨)

「新作舞踊劇 鷹の井戸」過去の公演より。(撮影:塩崎亨)

大きなサイズで見る(全9件)

梅若実玄祥(撮影:森山雅智)

梅若実玄祥(撮影:森山雅智)[拡大]

上野水香

上野水香[拡大]

これは、人間国宝で能楽シテ方観世流の梅若実玄祥が、舞台生活70周年を迎えたことを祝う記念公演。主演目として、W.B.イェーツが能楽に触発されて書き下ろした「鷹の井戸」を上演する。絶海の孤島で、かれてしまった泉が再び湧くのを待ち続けている老人。泉の上の榛の木には鷹姫が止まっていた。ある日、波斯国(はしこく)の若き王子・空腑麟が水を求めてやって来て……。鷹の精(鷹姫)を上野水香、空腑麟を大貫勇輔、老人を梅若実玄祥が演じる。

またそのほかの演目として、上野がミハイル・フォーキン振付のクラシック版と岡崎隼也振付のコンテンポラリー版、2つのアプローチによるバレエ「瀕死の白鳥」を披露。さらに梅若実玄祥、藤間勘十郎、藤間康詞の親子三代による祝い舞 舞踊「石橋 獅子」などが上演される。

この記事の画像(全9件)

梅若実玄祥 舞台生活70周年記念公演企画 能楽舞踊劇「鷹の井戸」

2021年5月22日(土)
大阪府 NHK大阪ホール

「新作舞踊劇 鷹の井戸」

原作:W.B.イェーツ
脚本:村上湛
演出:藤間勘十郎
作調・振付:藤間勘十郎
監修:梅若実玄祥

出演

鷹の精:上野水香
空腑麟:大貫勇輔

老人:梅若実玄祥

全文を表示

梅若実玄祥のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 梅若実玄祥 / 上野水香 / 大貫勇輔 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします