ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

能・狂言・宝塚・日本舞踊が火花を散らす、野村萬斎の現代能「陰陽師」開幕

1750

現代能「『陰陽師 安倍晴明』~晴明 隠された謎…~」過去公演より。

現代能「『陰陽師 安倍晴明』~晴明 隠された謎…~」過去公演より。

現代能「『陰陽師 安倍晴明』~晴明 隠された謎…~」が、本日9月6日に東京・新宿文化センター 大ホールで開幕する。

2001年に初演された「陰陽師 安倍晴明」は、現代劇や映画に用いられる手法、イリュージョンなどを取り入れた演出で注目を集める現代能。これまで海外を含め20回以上の公演が行われてきた本作が、今回藤間勘十郎の脚本補綴、野村萬斎の演出によって、新たな「陰陽師 安倍晴明」として立ち上げられる。出演者には葦屋道満役の梅若玄祥改め梅若実、安倍晴明役の萬斎、葛葉姫役の大空ゆうひらが名を連ねた。

上演に際し萬斎は、「陰陽師・安倍晴明の世界と能・狂言の世界、そしてプロジェクション・マッピングを含めた現代劇のテクノロジーが激突し、かつ人間国宝梅若実先生を頂点に能・狂言・宝塚・日本舞踊が火花を散らす新しいエンターテインメントしての能が誕生したと思います」と本作の魅力をアピールしている。上演時間は休憩20分を含む1時間20分。公演は明日9月7日まで行われる。

野村萬斎コメント

陰陽師・安倍晴明の世界と能・狂言の世界、そしてプロジェクション・マッピングを含めた現代劇のテクノロジーが激突し、かつ人間国宝梅若実先生を頂点に能・狂言・宝塚・日本舞踊が火花を散らす新しいエンターテインメントしての能が誕生したと思います。
早くも再演の声もありますので、その時をご期待ください。

現代能「『陰陽師 安倍晴明』~晴明 隠された謎…~」

2018年9月6日(木)・7日(金)
東京都 新宿文化センター 大ホール

原案・原作:吉田喜重
劇作・脚本(脚本補綴):藤間勘十郎
演出:野村萬斎
振付:藤間勘十郎
監修:梅若実

出演

葦屋道満:梅若実
安倍晴明:野村萬斎
葛葉姫:大空ゆうひ
語り部:桂南光
晴明の武神:高野和憲、月崎晴夫、初姫さあや、綾月せり、琴音和葉、花柳まり草、花陽みく、西尾萌

ステージナタリーをフォロー