「斬られの仙太」開幕を前に上村聡史&伊達暁が意気込み「一生に一度の出会い」

103

4月6日に東京・新国立劇場 小劇場で開幕する「斬られの仙太」より、演出を手がける上村聡史、仙太郎役を演じる伊達暁からコメントが到着した。

人を思うちから 其の壱「斬られの仙太」稽古より、上村聡史。(撮影:冨田実布)

人を思うちから 其の壱「斬られの仙太」稽古より、上村聡史。(撮影:冨田実布)

大きなサイズで見る(全4件)

本作は、新国立劇場が行っているフルオーディション企画の第3弾。今回は幕末から明治にかけての激動を描いた三好十郎「斬られの仙太」を上村の演出で立ち上げる。

開幕に向け、上村は「なかなか上演されることのない作品です。そして、今に響く作りとなっています。幕末の歴史も大変分かりやすく、娯楽の要素が多いです。4時間25分の大作ですが、一幕ごとはそんなに長くないので、気軽な気持ちでご来場ください」とコメント。伊達は「そのまま上演すれば7時間を超える三好十郎の大作『斬られの仙太』。上村さんがそれをフルオーディション企画として実現するため4時間半弱にまとめ、80もの役を16人で演じます。今後この作品が演じられることはなかなかないでしょう。一生に一度の出会い、ぜひ劇場でご覧いただけたら幸いです」と呼びかけた。

なお同劇場の公式YouTubeチャンネルでは、上村と伊達が「斬られの仙太」の舞台となる水戸や筑波を訪ねた動画や、稽古初日の動画を公開中だ。

上村聡史コメント

オーディションを振り返って

俳優の皆さんのほとんどが長大な戯曲を読み込まれていました。そして、時代様式を予習していて、気概を頂きました。

稽古が始まってから気が付いた大変なこと

演出者としては大変な記憶よりも、楽しく稽古させて頂いた記憶が強いです。ただ俳優もスタッフも、シンプルな設えにしている分、所作や和装といった時代観を表現するのに苦心したのではないかと思います。

観客へのメッセージ

なかなか上演されることのない作品です。そして、今に響く作りとなっています。幕末の歴史も大変分かりやすく、娯楽の要素が多いです。4時間25分の大作ですが、一幕ごとはそんなに長くないので、気軽な気持ちでご来場ください。

伊達暁コメント

人を思うちから 其の壱「斬られの仙太」稽古より、伊達暁。(撮影:冨田実布)

人を思うちから 其の壱「斬られの仙太」稽古より、伊達暁。(撮影:冨田実布)[拡大]

オーディションを振り返って

事前に覚えたテキストを元に初顔合わせの参加者同士で演じるのはスリルもあり、楽しい体験でした。上村さんの演出も入りまるで稽古さながらで、こうしたオーディションという、作品と俳優、演出家の出会いの機会が、今後もっと増えたらいいなと思います。

稽古が始まってから気が付いた大変なこと

マスクによる酸欠ですね。この一年慣れたと思っていたのですが、やはり殺陣が続いたり長いシーンになると途中でぼーっとなることがよくありました。声もこもるし、相手の表情も見えないし、マスクには悩まされました。

観客へのメッセージ

そのまま上演すれば7時間を超える三好十郎の大作「斬られの仙太」。上村さんがそれをフルオーディション企画として実現するため4時間半弱にまとめ、80もの役を16人で演じます。今後この作品が演じられることはなかなかないでしょう。一生に一度の出会い、ぜひ劇場でご覧いただけたら幸いです

この記事の画像・動画(全4件)

人を思うちから 其の壱「斬られの仙太」

2021年4月6日(火)~25日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

作:三好十郎
演出:上村聡史
出演:青山勝浅野令子、今國雅彦、内田健介木下政治久保貫太郎小泉将臣小林大介佐藤祐基瀬口寛之伊達暁中山義紘、原愛絵、原川浩明陽月華山森大輔

全文を表示

※2021年4月24日追記:4月25日の公演は新型コロナウイルスの影響で中止になりました。

関連する特集・インタビュー

関連記事

上村聡史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 上村聡史 / 伊達暁 / 青山勝 / 浅野令子 / 内田健介 / 木下政治 / 久保貫太郎 / 小泉将臣 / 小林大介 / 佐藤祐基 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします