荒木宏文&陳内将がアニメ「ダイナ荘びより」で恐竜に!LINEスタンプ本日発売

394

4月3日にスタートするテレビアニメ「ダイナ荘びより」に、荒木宏文陳内将が声優として出演する。

左から荒木宏文、陳内将。

左から荒木宏文、陳内将。

大きなサイズで見る(全6件)

テレビアニメ「ダイナ荘びより」アフレコの様子。

テレビアニメ「ダイナ荘びより」アフレコの様子。[拡大]

テレビアニメ「ダイナ荘びより」LINEスタンプ

テレビアニメ「ダイナ荘びより」LINEスタンプ[拡大]

「ダイナ荘びより」はファンワークス、アニプレックス、ソニー・クリエイティブプロダクツが制作し、野中晶史が監督、細川徹が脚本を手がけるオリジナルアニメ。現代に生きる3匹の恐竜が、アパート“ダイナ荘”の1室で共同生活を送る様が描かれ、ティラノサウルス役を松重豊、トリケラトプス役を田中要次、ステノニコサウルス役を小峠英二バイきんぐ)が演じる。

アラモサウルス役とケツァルコアトルス役を務める荒木は「声のお仕事はこれまでもやらせていただいていますが、恐竜の役は初めてでした。しかも2役もまかせていただけるとは驚きでした。かわいいキャラクターで、収録も終始楽しかったです」とコメント。ワニ先輩役とアンキロサウルス役を演じる陳内は「ゆる~い空気感の作品で、収録も和やかにゆる~くやらせていただきました。小さなお子さんから大人の方まで、老若男女に楽しんでいただきたい作品です。ワニ先輩はなぜ『先輩』なのか? ぜひ本編を楽しみにお待ちください」とメッセージを送った。放送はTOKYO MX、BS11にて。

なお、本日3月28日には「ダイナ荘びより」のLINEクリエイターズスタンプが発売され、7月14日には本作のBlu-ray / DVDがリリースされる。

この記事の画像(全6件)

TOKYO MX、BS11 テレビアニメ「ダイナ荘びより」

2021年4月3日(土)24:57放送開始

監督:野中晶史
脚本:細川徹
キャラクターデザイン:うさぎメン
音楽:CHI-MEY
アニメーション制作:ファンワークス
イメージソング:CHAI「愛そうぜ!」(Sony Music Entertainment(Japan)Inc. / OTEMOYAN record)

キャスト

ティラノサウルス:松重豊
トリケラトプス:田中要次
ステノニコサウルス:小峠英二
アラモサウルス&ケツァルコアトルス:荒木宏文
ワニ先輩&アンキロサウルス:陳内将

全文を表示

関連記事

荒木宏文のほかの記事

リンク

(c)ダイナ荘管理組合

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 荒木宏文 / 陳内将 / 細川徹 / 松重豊 / 田中要次 / 小峠英二 / バイきんぐ / CHAI の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします