「ワールドトリガー」舞台化が決定!植田圭輔と溝口琢矢が空閑遊真役、三雲修役でW主演

3570

「ワールドトリガー the Stage」が11月から12月にかけて東京・大阪で上演されることがわかった。

「ワールドトリガー the Stage」ビジュアル

「ワールドトリガー the Stage」ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

植田圭輔扮する空閑遊真。

植田圭輔扮する空閑遊真。[拡大]

本作は葦原大介原作のマンガ「ワールドトリガー」の舞台版。原作は2013年から「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が開始され、現在は「ジャンプSQ.」(集英社)で連載中の作品で、2014年にはテレビアニメ化もされた。アニメ版は1月より2ndシーズンが放送されている。

溝口琢矢扮する三雲修。

溝口琢矢扮する三雲修。[拡大]

物語では、近界民(ネイバー)と呼ばれる異世界からの侵略者と戦う組織・ボーダーの様子が描かれる。舞台版では序章部分のストーリーが紡がれ、近界民との戦闘などが、本作のために考案された“フィジカライブ(Physical×Live performance)”の手法を用いて表現される。

舞台版の脚本・演出を手がけるのは柿喰う客の中屋敷法仁。音楽をGIRA MUNDO、振付を梅棒が担当する。また、植田圭輔溝口琢矢がそれぞれ空閑遊真役、三雲修役でW主演を務めるほか、雨取千佳役に其原有沙、迅悠一役に高橋健介がキャスティングされた。公演日程やチケット発売などの詳細は続報を待とう。

中屋敷法仁コメント

魅力あふれるワールドトリガーの世界を劇場でお届けします! 今作では、壮大な物語の序章である三雲修と空閑 遊真の出会いから、近界民との激しいバトル、そして界境防衛機関「ボーダー」内部の人間模様を描きます! 幻想的かつ刺激的なトリガーの表現や俳優たちの躍動感に満ちた生のパフォーマンスにご期待ください!

この記事の画像(全6件)

「ワールドトリガー the Stage」

2021年11月~12月
東京都
大阪府

原作:葦原大介(集英社「ジャンプSQ.」連載 / ジャンプコミックス)
脚本・演出:中屋敷法仁
音楽:GIRA MUNDO
振付:梅棒

キャスト

空閑遊真:植田圭輔
三雲修:溝口琢矢

雨取千佳:其原有沙
迅悠一:高橋健介
ほか

全文を表示

関連記事

植田圭輔のほかの記事

リンク

(c)葦原大介/集英社 (c)『ワールドトリガー the Stage』製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 植田圭輔 / 溝口琢矢 / 其原有沙 / 高橋健介 / 葦原大介 / 中屋敷法仁 / 梅棒 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします