「さいたまダンス・ラボラトリ」公演に、岡田利規×湯浅永麻の新作など4作品

34

さいたまダンス・ラボラトリVol.3公演「明日を探る身体」が、3月20・21日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 小ホールにて行われる。

ワークショップの様子。(c)matron

ワークショップの様子。(c)matron

大きなサイズで見る(全7件)

これは彩の国さいたま芸術劇場が、ダンス表現の探求と作品創作を目的に2018年に立ち上げた、さいたまダンス・ラボラトリから生み出される公演。

演目には、さいたまダンス・ラボラトリの講師およびナビゲーターを務める小尻健太湯浅永麻、それぞれの新作のほか、ダンサー・振付家の柿崎麻莉子が若手・中堅ダンサーと取り組む「Wild flowers」、さらにチェルフィッチュの岡田利規と湯浅による「わたしは幾つものナラティヴのバトルフィールド」ワーク・イン・プログレスの4作品がラインナップされた。なお小尻と湯浅の新作には、3月9日から21日に同劇場にて実施される「さいたまダンス・ラボラトリ Vol.3」のワークショップ受講生が出演する。

この記事の画像(全7件)

さいたまダンス・ラボラトリVol.3公演「明日を探る身体」

2021年3月20日(土・祝)・21日(日)
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

「小尻健太 演出振付作品」

音楽:森永泰弘
出演:「さいたまダンス・ラボラトリ Vol.3」受講生

「湯浅永麻 演出振付作品」

出演:「さいたまダンス・ラボラトリ Vol.3」受講生

柿崎麻莉子「Wild flowers」

演出・振付:柿崎麻莉子
音楽:豊田奈千甫
出演:飯森沙百合、栗朱音、小暮香帆、鈴木春香

岡田利規×湯浅永麻「わたしは幾つものナラティヴのバトルフィールド」ワーク・イン・プログレス

テキスト・演出:岡田利規
出演:湯浅永麻

※小尻健太の「尻」の字は、かばねに丸が正式表記。

全文を表示

関連記事

小尻健太のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小尻健太 / 湯浅永麻 / 岡田利規 / 柿崎麻莉子 / 小暮香帆 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします