福岡の芸術祭「キビるフェス2021」今年はひなた旅行舎・世界劇団などが参加

28

「キビるフェス2021~福岡きびる舞台芸術祭~」が1月29日から3月7日まで、福岡で開催される。

「キビるフェス2021〜福岡きびる舞台芸術祭〜」チラシ表

「キビるフェス2021〜福岡きびる舞台芸術祭〜」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「キビるフェス」は、福岡の方言で「結ぶ」を意味する「きびる」がテーマのフェスティバル。今年はひなた旅行舎「蝶のやうな私の郷愁」、モノクロラセンpresents「衝突と分裂、あるいは融合」、世界劇団「ひとよひとよに呱々の声」が福岡の各会場で上演される。また、会期中にはケッチによる「ケッチ(元が~まるちょば)のフィジカルコメディワークショップ」「パントマイムワークショップ」も開催予定。詳細は公式サイトで確認しよう。

この記事の画像(全2件)

「キビるフェス2021~福岡きびる舞台芸術祭~」

2021年1月29日(金)~3月7日(日)

ひなた旅行舎(東京・宮崎)「蝶のやうな私の郷愁」

2021年1月29日(金)・30日(土)
福岡県 ゆめアール大橋 大練習室

作:松田正隆
演出:永山智行
出演:多田香織日高啓介

モノクロラセンpresents(福岡)「衝突と分裂、あるいは融合」

2021年2月26日(金)~28日(日)
福岡県 パピオビールーム 大練習室

作・演出:黒澤世莉
出演:五十嵐晴香、進藤祐行、すすみななみ、戸塚有輝、富田文子、一凜、東亜由美、森唯美、大城真和、上条拳斗、篠田昌人、東沙耶香 ほか

世界劇団(愛媛)「ひとよひとよに呱々の声」

2021年3月6日(土)・7日(日)
福岡県 ぽんプラザホール

作・演出:本坊由華子
出演:加藤春菜、本坊由華子

※日高啓介の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

関連記事

世界劇団のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 世界劇団 / 松田正隆 / 永山智行 / 多田香織 / 日高啓介 / 黒澤世莉 / 本坊由華子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします