老いのプレーパーク“出張公演”に菅原直樹「夢のような時間でした」

111

OiBokkeShi×三重県文化会館による老いのプレーパークが、昨日1月17日に三重・いなべ市北勢市民会館 さくらホールにて「あたらしい生活シアター」の出張公演を行った。

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka

大きなサイズで見る(全5件)

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka[拡大]

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」より。(c)Matsubara Yutaka[拡大]

老いのプレーパークは、2018年に公募で集められたメンバーにより結成された団体。今回は、コロナ禍による自粛生活を“老いのリハーサル”と捉え、メンバーの日記やエピソードをもとに“生活者による生活者のためのあたらしい演劇”に挑んだ。作・演出を手がける「老いと演劇」OiBokkeShi菅原直樹は「個人的に、これからの人生で何度も立ち返りたくなる、夢のような時間でした」と公演への手応えを語った。

菅原直樹コメント

コロナ禍に力強い光を放つ「老い」「ぼけ」「死」の舞台が誕生しました。

老いのプレーパークメンバーの人生と演じる役が重なり、またそれを観ているお客さんの人生とも重なっていく。

個人的に、これからの人生で何度も立ち返りたくなる、夢のような時間でした。

おそらく死者も観にきていたでしょう。

老いのプレーパークでは、これからも、やがて老いて、ぼけて、死にゆく私たちのために舞台を作りつづけます!

この記事の画像(全5件)

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト 老いのプレーパーク出張公演inいなべ市「あたらしい生活シアター」

2021年1月17日(日)※公演終了
三重県 いなべ市北勢市民会館 さくらホール

作・演出:菅原直樹

全文を表示

関連記事

菅原直樹のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 菅原直樹 / 「老いと演劇」OiBokkeShi の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします