映画「私立探偵 濱マイク」が佐藤流司主演で朗読劇に、物語のキーマンに植田圭輔

1591

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」が、2月17日から23日まで東京・ヒューリックホール東京で上演される。

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」キービジュアル

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」キービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」ロゴ

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」ロゴ[拡大]

これは、林海象が手がけた映画「私立探偵 濱マイク」シリーズの第1弾「我が人生最悪の時 THE MOST TERRIBLE TIME IN MY LIFE」を原作とした朗読劇。映画・テレビドラマ版で永瀬正敏が演じた主人公・濱マイク役を佐藤流司が務めるほか、白タク運転手兼情報屋・星野光役にWキャストのDISH//・矢部昌暉とSUPER★DRAGON・志村玲於、濱マイクの妹・濱茜役に太田奈緒、ストーリーテラー役に劇団EXILE・秋山真太郎、そして物語のキーマン・楊海平役に植田圭輔がキャスティングされた。脚本・演出を方南ぐみ・樫田正剛が担当する。

上演に向け、佐藤は「台本も実はすでにいただいていますが、あれ、ここのシーンはどうやって伝えればいいんだ? どう表現していくんだ? そんな箇所がたくさんあって、個人的にはワクワクしております。ご期待ください」とコメント。矢部は「原作を拝見しましたが、とてもカッコよくて素敵な世界観に一瞬で魅了されました。この世界に自分自身も入れると思うと今から楽しみです」と述べ、志村は「自分の両親やその世代の方にこの作品を知っているか聞いてみたところ、ほとんどの方が知っていて、改めて『私立探偵 濱マイク』という作品のすごさを実感し、気合を入れ直しました!」と語った。

また太田は「私にとっては初めての朗読劇になるので、こうして機会をいただけることに感謝して、精一杯がんばりたい」と意気込み、秋山は「林海象さんが作られた世界観を、樫田さんが声だけの世界で再構築し、僕らにバトンを渡してくださいました。皆様に楽しんでもらえるよう、気合い入れて臨みたいと思います!」と言葉に力を込める。

そして植田は「全く演じたことのないタイプの役、歳を重ねたからこそできる役なのかなと思います。真ん中の人物達にしっかり影響を与えられる様に頑張りたい」と役柄に触れ、樫田は「『朗読』は読み手と演出家の表現力が試される舞台でもある。出演者。スタッフ全員、気合が入っています。極上の朗読劇『私立探偵 濱マイク』をお届けします」とメッセージを送った。

チケット先行販売の受付は本日12月16日にスタート。

佐藤流司コメント

今回濱マイクを朗読という形で演じさせて頂きます。あの名作、濱マイクを朗読で……。どういった形になるか、気になりません? 私は大変気になります。台本も実はすでに頂いていますが、あれ、ここのシーンはどうやって伝えればいいんだ? どう表現していくんだ? そんな箇所がたくさんあって、個人的にはワクワクしております。ご期待ください。

矢部昌暉コメント

原作を拝見しましたが、とてもかっこよくて素敵な世界観に一瞬で魅了されました。この世界に自分自身も入れると思うと今から楽しみです。朗読劇で「濱マイク」という作品をどのように表現するのか。楽しみにしていてください。

志村玲於コメント

最初に決まったときは「いつも通り皆様に良いものを届けよう」と思っていました。しかし自分の両親やその世代の方にこの作品を知っているか聞いてみたところ、ほとんどの方が知っていて、改めて「私立探偵 濱マイク」という作品の凄さを実感し、気合を入れ直しました!

太田奈緒コメント

出演が決まって「私立探偵 濱マイク」を見させて頂いたのですが、この濱マイクの世界観が朗読劇でどうなるのか今から凄く楽しみです。私にとっては初めての朗読劇になるので、こうして機会を頂けることに感謝して、精一杯頑張りたいと思います。

秋山真太郎コメント

あの人気シリーズに形を変えて参加させていただくことができ、非常に光栄です。新たに朗読劇という形で昇華し、皆様に愛される作品にしていけるように、頑張りたいと思っております。林海象さんが作られた世界観を、樫田さんが声だけの世界で再構築し、僕らにバトンを渡してくださいました。皆様に楽しんでもらえるよう、気合い入れて臨みたいと思います!

植田圭輔コメント

ヤン役を演じさせていただきます。植田圭輔です。物語のキーマン。そして全く演じたことのないタイプの役、歳を重ねたからこそできる役なのかなと思います。真ん中の人物達にしっかり影響を与えられる様に頑張りたいと思います。

樫田正剛コメント

圧倒的なスケールと緻密なディテールと黄金町のリアル。それが林海象監督が作り上げた映画「私立探偵 濱マイク」。朗読劇になると言われたときの興奮と緊張は今でも僕の心の中で続いている。「朗読」は読み手と演出家の表現力が試される舞台でもある。出演者。スタッフ全員、気合が入っています。極上の朗読劇「私立探偵 濱マイク」をお届けします。

この記事の画像(全2件)

「朗読劇『私立探偵 濱マイク』-我が人生最悪の時-」

2021年2月17日(水)~23日(火・祝)
東京都 ヒューリックホール東京

原作:林海象(「私立探偵 濱マイク『我が人生最悪の時 THE MOST TERRIBLE TIME IN MY LIFE』」)
脚本・演出:樫田正剛
出演:佐藤流司 / 矢部昌暉(DISH//)、志村玲於(SUPER★DRAGON)、太田奈緒、秋山真太郎(劇団EXILE) / 植田圭輔

※矢部昌暉と志村玲於はWキャスト。

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

佐藤流司のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 佐藤流司 / 矢部昌暉 / 志村玲於 / 秋山真太郎 / 植田圭輔 / 林海象 / 樫田正剛 / 我が人生最悪の時 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします