ニール・サイモン「23階の笑い」開幕、三谷幸喜「まるで僕が書いたような作品に」

434

三谷幸喜が演出・上演台本を手がけるシス・カンパニー公演「23階の笑い」が、本日12月5日に東京・世田谷パブリックシアターで開幕した。

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)

大きなサイズで見る(全6件)

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

「23階の笑い」は、1993年にブロードウェイで初演された、ニール・サイモンの自伝的作品。三谷がサイモン作品の演出に挑むのは、2013年に演出した「ロスト・イン・ヨンカーズ」に続き、2度目となる。物語の舞台は、1950年代アメリカのテレビ業界。視聴率競争の真っただ中、そこにはさまざまな人物の思いが交錯しており……。出演者には、瀬戸康史松岡茉優吉原光夫小手伸也鈴木浩介梶原善青木さやか山崎一浅野和之が名を連ねた。

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)

シス・カンパニー公演「23階の笑い」より。(撮影:宮川舞子)[拡大]

開幕に際し三谷は「ニール・サイモンの名前は知っていても、作品は観たことがないという人。作品を観たことはあっても、笑ったことはないという人。ぜひ劇場に来て下さい。さんざん笑った後にちょっぴりしんみりして、最後は温かい気持ちで帰ることが出来る、まるで僕が書いたような作品になっています。後悔はさせません!」とメッセージを送った。

なお本公演では新型コロナウイルス感染予防のため、それぞれの客席のひじ掛けにパーテーションが設置される。公演は12月27日まで。

この記事の画像(全6件)

シス・カンパニー公演「23階の笑い」

2020年12月5日(土)~27日(日)
東京都 世田谷パブリックシアター

作:ニール・サイモン
演出・上演台本:三谷幸喜
翻訳:徐賀世子
出演:瀬戸康史松岡茉優吉原光夫小手伸也鈴木浩介梶原善青木さやか山崎一浅野和之

全文を表示

関連記事

三谷幸喜のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 三谷幸喜 / 瀬戸康史 / 松岡茉優 / 吉原光夫 / 小手伸也 / 鈴木浩介 / 梶原善 / 青木さやか / 山崎一 / 浅野和之 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします