□字ックの山田佳奈が処女小説を発表、現代の“家族”に切り込む

32

□字ック山田佳奈の初となる小説「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」が、本日10月23日に双葉社より発売された。

「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」(双葉社)表紙

「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」(双葉社)表紙

大きなサイズで見る(全3件)

されど家族、あらがえど家族、だから家族は

山田佳奈「されど家族、あらがえど家族、だから家族は」
Amazon.co.jp

山田佳奈

山田佳奈[拡大]

Netflixオリジナルドラマ「全裸監督」の脚本や、11月13日に公開される監督作、映画「タイトル、拒絶」などで注目を集める山田が、自身初の小説で選んだテーマは“家族”。不器用が故に崩壊寸前の5人家族を中心とした物語では、父親の失踪事件をきっかけに、それぞれが自身と家族を見つめ直していく様が、現代の社会問題と共に描かれる。価格は税別1500円。

この記事の画像(全3件)

関連する特集・インタビュー

山田佳奈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山田佳奈 / □字ック / タイトル、拒絶 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします