せんがわ劇場演劇コンクールのスピンオフ企画に、過去受賞作がリーディングで登場

11

せんがわ劇場演劇コンクール/スピンオフ企画「映像と生で楽しむリーディング」が、10月30日に開催される。

せんがわ劇場演劇コンクール/スピンオフ企画「映像と生で楽しむリーディング」ビジュアル

せんがわ劇場演劇コンクール/スピンオフ企画「映像と生で楽しむリーディング」ビジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

これは東京・調布市せんがわ劇場で毎年行われている、せんがわ劇場演劇コンクールのチームによるスピンオフ企画。同コンクールは今年、第11回を実施する予定だったが、新型コロナウイルスの影響により延期となった。

「映像と生で楽しむリーディング」は、「オンラインツールによるリーディング公演」と「実演によるリーディング公演」の2本立てとなっており、「オンラインツールによるリーディング公演」には第9回にて劇作家賞を受賞したコトリ会議の「チラ美のスカート」、「実演によるリーディング公演」には第8回にて劇作家賞を受賞したPitymanの「ぞうをみにくる」がラインナップされた。

なお総合演出をせんがわ劇場演劇ディレクターチーム・ディレクターの桑原秀一、ナビゲーターを同コンクール企画監修の演劇ジャーナリスト・徳永京子、司会をパンチェッタ一宮周平が担当。さらに「オンラインツールによるリーディング公演」と「実演によるリーディング公演」の間には、同コンクール第11回の専門審査員である映像作家・ムーチョ村松が手がけた「演劇コンクールをつなぐ」映像が上映される。「演劇コンクールをつなぐ」映像には、第11回のファイナリストである抗原劇場(アレルゲンシアター)の山田カイル、オパンポン創造社野村有志、劇団灰ホトラの荒木聡志、ほろびて細川洋平ムニの宮崎玲奈や過去のファイナリストが出演している。

入場料は無料だが、事前申し込みが必要。募集受付は10月24日17:00まで。詳細はせんがわ劇場公式サイトで確認を。

この記事の画像(全9件)

せんがわ劇場演劇コンクール/スピンオフ企画「映像と生で楽しむリーディング」

2020年10月30日(金)
東京都 調布市せんがわ劇場

オンラインツールによるリーディング公演「チラ美のスカート」

作・演出:山本正典
出演:コトリ会議原竹志、小中太

実演によるリーディング公演「ぞうをみにくる」

作:山下由
演出:桑原秀一
出演:西尾友樹、豊田可奈子

※桑原秀一の「桑」は旧字体、宮崎玲奈の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

全文を表示

関連記事

コトリ会議のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 コトリ会議 / Pityman / 桑原秀一 / 徳永京子 / パンチェッタ / 一宮周平 / 抗原劇場 / オパンポン創造社 / 野村有志 / ほろびて の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします