Kバレエが誘う美しき「海賊」の世界、熊川哲也「明日へと向かう大きな活力を」

1

252

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 48 197
  • 7 シェア

Kバレエカンパニー「海賊」が、本日10月15日に東京・Bunkamura オーチャードホールで開幕する。これに先駆け、昨日14日に公開ゲネプロが行われた。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

大きなサイズで見る(全17件)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

本作は、Kバレエカンパニー芸術監督・熊川哲也の演出・振付により、2007年に全幕上演で初演され、レパートリー化された作品。当初は今年5月に上演される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。2017年以来の上演となる今回は、メドーラ役を中村祥子成田紗弥毛利実沙子、コンラッド役を遅沢佑介堀内將平杉野慧、アリ役を伊坂文月山本雅也、関野海斗、グルナーラ役を小林美奈浅野真由香、戸田梨紗子、結城亜美、ランケデム役を高橋裕哉、石橋奨也、栗山廉、ビルバント役を宮尾俊太郎、西口直弥、グレゴワール・ランシエが担当。なお、中村と遅沢は今作をもってKバレエを卒業する。

第1幕では、海賊の首領コンラッドと、美しき少女メドーラの出会いが描かれる。海賊一行は、嵐に巻き込まれてギリシャの浜辺に漂着。コンラッドは自らの命を救ってくれたメドーラと恋に落ちるが、彼女とその姉妹グルナーラは奴隷商人に捕まり、奴隷市場に連れて行かれてしまう。コンラッドは従者アリらと共に、メドーラたちを奪い返すことを決意し……。

壮大な音楽と共に幕が開くと、宝の位置が印された古めかしい海図が紗幕いっぱいに映し出され、観客を「海賊」の世界へと誘う。紗幕の向こうでは海賊たちが漂流するまでの活躍が、回想のように演じられた。また、場面ごとに立ち上がる豪華絢爛な舞台セットや、登場人物1人ひとりの個性を際立たせる美しい衣装も、物語への没入感を高めていった。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

公開ゲネプロでは、メドーラを成田、コンラッドを堀内、アリを山本が担当。成田は軽やかな舞にメドーラが持つ芯の強さをにじませる。石橋演じる奴隷商人ランケデムとのパ・ド・ドゥでは、売られる身となったメドーラの艶やかさを強調しつつ、表情やふとした仕草に悲壮感を浮かべ、役の内面を表現した。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

堀内は、コンラッドを、海賊でありながら良識的で気品漂う人物として立ち上げる。メドーラたちを取り返そうと、仲間に訴えかけるシーンでは、伸びやかなダンスで、集団のまとめ役らしさを表した。高い身体能力で存在感を見せたのは、アリ役の山本。野生動物のようなダイナミックな所作で観客を魅了しつつ、心根の優しさやコンラッドへの忠誠心を雄弁に語った。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」ゲネプロより。(Photo by Hidemi Seto)[拡大]

第2幕冒頭では、海賊の隠れ処を舞台に、自由の身となった女たちの喜びの舞や、海賊による迫力ある群舞が披露される。コンラッドと衣装を変えたメドーラ、そして幸せそうな2人を優しく見守るアリの3人舞は必見だ。コンラッドの部下ビルバントの裏切りにより、メドーラが再び奴隷の身となると、場面はメドーラが売られた先の宮殿に移り変わる。彼女を取り戻そうと現れたコンラッド一行が、剣を手に派手な立ち回りを見せると、コンラッドとビルバントが対峙するラストシーンへ突入。幸福感に溢れた前半と、緊張感が続く後半のコントラストにも注目したい。

開幕に際し、熊川は「海賊」がKバレエにとって約半年ぶりの活動再開作品となったことに触れ、「この作品が持つ力強さこそ、カンパニーが踏み出す新たな第一歩にふさわしく、かつてないほどのエネルギーと感動が劇場を満たすはずです。そのひとときを共にする観客の皆さんにも、この舞台が明日へと向かう大きな活力をもたらすものとなることを願っています」と観客にメッセージを送った。公演は10月18日まで。

なお、10月15日18:30開演回、17日12:30開演回、18日12:30開演回はStreaming+、PIA LIVE STREAM、ローチケ LIVE STREAMINGでライブ配信されるほか、18日には映画館でのライブビューイングも実施。また本作をもとに神戸万知が執筆した小説「海賊 Le Corsaire」が、10月28日に刊行される。併せてチェックしよう。

熊川哲也コメント

熊川哲也(撮影:中森真)

熊川哲也(撮影:中森真)[拡大]

約半年におよぶ活動休止期間を経て、本公演「海賊」がKバレエ カンパニー再始動を飾ることになります。

社会全体が新しいスタイルへの転換を求められる今、劇場芸術の世界を生きる我々もまた、必要な変化に柔軟な発想をもって対応していかなければなりません。

2007年に初演したこの「海賊」は、僕がそれまでに手掛けたどの古典バレエよりもオリジナリティにあふれ、まさに他に類を見ない、「Kバレエの『海賊』」と誇れる作品と自負しています。

この作品が持つ力強さこそ、カンパニーが踏み出す新たな第一歩にふさわしく、かつてないほどのエネルギーと感動が劇場を満たすはずです。

そのひとときを共にする観客の皆さんにも、この舞台が明日へと向かう大きな活力をもたらすものとなることを願っています。

この記事の画像(全17件)

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Autumn 2020「海賊」

2020年10月15日(木)~18日(日)
東京都 Bunkamuraオーチャードホール

芸術監督:熊川哲也
指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

キャスト

メドーラ:中村祥子成田紗弥毛利実沙子
コンラッド:遅沢佑介堀内將平杉野慧
アリ:伊坂文月山本雅也、関野海斗
グルナーラ:小林美奈浅野真由香、戸田梨紗子、結城亜美
ランケデム:高橋裕哉、石橋奨也、栗山廉
ビルバント:宮尾俊太郎、西口直弥、グレゴワール・ランシエ

※高橋裕哉の「高」ははしご高が正式表記。

全文を表示

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

【公演レポート】Kバレエが誘う美しき「海賊」の世界、熊川哲也「明日へと向かう大きな活力を」(コメントあり)
https://t.co/nOlG68L9OU https://t.co/91MzALLPDC

コメントを読む(1件)

関連記事

Kバレエカンパニーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Kバレエカンパニー / 熊川哲也 / 中村祥子 / 成田紗弥 / 毛利実沙子 / 遅沢佑介 / 堀内將平 / 杉野慧 / 伊坂文月 / 山本雅也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします