海賊たちのダイナミックな冒険活劇、熊川哲也率いるKバレエ「海賊」3年ぶりに上演

153

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Spring 2020「海賊」が5月28日から31日まで東京・Bunkamura オーチャードホールにて上演される。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Spring 2020「海賊」ビジュアル。(c)Shunki Ogawa

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Spring 2020「海賊」ビジュアル。(c)Shunki Ogawa

大きなサイズで見る

本公演は、ガラ公演やコンクールなどで作中のソロやパ・ド・ドゥがよく取り上げられる「海賊」を、Kバレエの芸術監督・熊川哲也が2007年に自ら演出・振付を手がけて全幕上演で初演し、レパートリー化したもの。

船が難破し、首領コンラッドとその海賊たちがギリシャの浜辺に打ち上げられる。彼らを介抱してくれたのは、メドーラとグルナーラ姉妹だった。メドーラの美しさに心を奪われ、彼女と恋に落ちるコンラッド。しかし、メドーラと仲間の娘たちが奴隷市場に連れて行かれてしまい……。コンラッドは彼女らを助けるために立ち上がる。

3年ぶりの上演となる今回、メドーラ役を回替わりで中村祥子矢内千夏毛利実沙子が担い、中村は本作でKバレエのラストステージを飾る。そのほか回替わりでコンラッド役を遅沢佑介堀内將平杉野慧が、アリ役を伊坂文月山本雅也、関野海斗が、グルナーラ役を小林美奈成田紗弥浅野真由香、戸田梨紗子が、ランケデム役を高橋裕哉、石橋奨也、栗山廉が、ビルバント役を宮尾俊太郎、西口直弥、グレゴワール・ランシエが務める。

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY Spring 2020「海賊」

2020年5月28日(木)~31日(日)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

芸術監督・演出・再振付:熊川哲也
音楽:アドルフ・アダン、レオ・ドリーブ、リッカルド・ドリゴ、オルデンブルク公爵、チェーザレ・プーニ、レオン・ミンクス

キャスト

メドーラ:中村祥子矢内千夏毛利実沙子
コンラッド:遅沢佑介堀内將平杉野慧
アリ:伊坂文月山本雅也、関野海斗
グルナーラ:小林美奈成田紗弥浅野真由香、戸田梨紗子
ランケデム:高橋裕哉、石橋奨也、栗山廉
ビルバント:宮尾俊太郎、西口直弥、グレゴワール・ランシエ

※高橋裕哉の「高」ははしご高が正式表記。

※2020年4月30日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で、10月15日(木)から18日(日)までに延期になりました。

全文を表示

関連記事

Kバレエカンパニーのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 Kバレエカンパニー / 熊川哲也 / 中村祥子 / 矢内千夏 / 毛利実沙子 / 遅沢佑介 / 堀内將平 / 杉野慧 / 伊坂文月 / 山本雅也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします