山本一慶・如月蓮・北村有起哉による朗読劇「さらば黒き武士」

143

朗読劇「さらば黒き武士(もののふ)」が10月に大阪と東京で上演される。

朗読劇「さらば黒き武士(もののふ)」チラシ

朗読劇「さらば黒き武士(もののふ)」チラシ

大きなサイズで見る(全4件)

山本一慶

山本一慶[拡大]

如月蓮

如月蓮[拡大]

北村有起哉

北村有起哉[拡大]

「さらば黒き武士」は、岡本さとるの歴史短編小説(光文社)を岡本の上演台本、藤間勘十郎の演出で送る朗読劇。本作は文化庁芸術祭参加作品となる。劇中では織田信長のもとで“サムライ”となり、“弥助”と名乗ることになったアフリカ人と、彼と交流を深めていく森蘭丸、かつて弥助と惹かれ合ったくの一の村雨の姿が描かれる。

本作では森蘭丸役を山本一慶、村雨役を如月蓮、織田信長役を北村有起哉がそれぞれ務める。また、望月実加子が鳴物を担い、文学・音楽・舞が融合した朗読劇として、安土桃山時代を生きる人々の物語を立ち上げる。公演は10月24日に大阪・吹田市文化会館メイシアター 中ホール、31日に東京・浅草公会堂にて行われる。

この記事の画像(全4件)

朗読劇「さらば黒き武士(もののふ)」

2020年10月24日(土)
大阪府 吹田市文化会館メイシアター 中ホール

2020年10月31日(土)
東京都 浅草公会堂

原作(光文社)・上演台本:岡本さとる
演出:藤間勘十郎

キャスト

森蘭丸:山本一慶
くノ一村雨:如月蓮

織田信長:北村有起哉

鳴物:望月実加子

全文を表示

山本一慶のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山本一慶 / 北村有起哉 / 藤間勘十郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします