小山ゆうな演出「ぐつぐつカクテル」開幕、北村有起哉「お客様を温かく迎えたい」

185

「願いがかなうぐつぐつカクテル」が、本日7月9日に東京・新国立劇場 小劇場で開幕。これに先駆け、本日フォトコールと囲み取材が行われた。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。左から北村有起哉演じるイルヴィッツァー、あめくみちこ演じる魔女ティラニア。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。左から北村有起哉演じるイルヴィッツァー、あめくみちこ演じる魔女ティラニア。

大きなサイズで見る(全13件)

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。[拡大]

「願いがかなうぐつぐつカクテル」は、「モモ」「はてしない物語」などで知られる児童文学作家ミヒャエル・エンデが、自作の「魔法のカクテル」を戯曲化した作品。日本初演となる今回は、新国立劇場初登場となる小山ゆうなが演出を手がける。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。左から、森下能幸演じるカラスのヤコブ、松尾諭演じる猫のマウリツィオ。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。左から、森下能幸演じるカラスのヤコブ、松尾諭演じる猫のマウリツィオ。[拡大]

本日のフォトコールでは、大みそかの夜、枢密魔法顧問官イルヴィッツァーのもとに魔女ティラニアがやって来る場面が公開された。北村有起哉は、大みそかが過ぎるまでに悪魔との契約を果たそうと奮闘するイルヴィッツァーを飄々と演じる。また、あめくみちこは“なんでも願いがかなうカクテル”を作ろう画策する魔女ティラニアを表情豊かに表現。2人のスピーディでコミカルな掛け合いにより、劇空間の熱は徐々に高まっていった。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。[拡大]

松尾諭演じる猫のマウリツィオと森下能幸演じるカラスのヤコブが、ゴミ捨て場からひょこひょこと顔を出し、イルヴィッツァーたちのやりとりを盗み聞きするシーンでは、間抜けな空気がおかしみを誘う。また林田航平花王おさむもたびたび登場し、作品に彩りを添えた。劇中では、キュートでカラフルな衣装・美術に、環境破壊・自由の搾取といった現代的なテーマを織り交ぜた、大人も子供も楽しめるファンタジーが繰り広げられた。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」囲み取材より。左から小山ゆうな、北村有起哉、あめくみちこ。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」囲み取材より。左から小山ゆうな、北村有起哉、あめくみちこ。[拡大]

フォトコール後に行われた囲み取材には、北村、あめく、小山が登壇。久しぶりの劇場公演について、北村は「(新型コロナウイルスの影響で)さまざまな作品が中止になる事態が相次いで、本当に心苦しく感じていました。舞台を観たい方がたくさんいると思っていたので、制作陣と知恵を出し合い、この舞台に臨めることが光栄です」と思いを語る。あめくは「コロナ禍で大変な状況になり、果たして稽古を始めることができるのだろうか?という心配もありましたが、本番を迎えられることをうれしく思います」と笑顔を見せた。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。[拡大]

キャストたちの衣装に加えられたマスクについて、インタビュアーから尋ねられた北村は「稽古からずっと着けてきたので、もう慣れましたね」とコメント。あめくは「しゃべっているうちにズレてくることがあるので、私はあごに両面テープを貼って密着させております(笑)」と自己流の工夫を明かし、会場を和ませた。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。

「願いがかなうぐつぐつカクテル」フォトコールより。[拡大]

続く小山は「厳しいガイドラインに沿って制作することもですが、お客様が安心して観劇できるにはどうすればいいか?という工夫を、キャスト・スタッフの皆さんと話し合いながら稽古を進めてきました」と振り返り、作品については「キャストの皆さんのアイデアも満載な作品です」と述べる。

インタビュアーから「“願いがかなうカクテル”が現実にあったら、どんなお願いをするか?」と問われた北村は「コロナが終息してほしいですね」と即答。あめくは「今ひとつパッと思い浮かびましたが、ちょっとこの場では言えません(笑)」と発言し、会場を笑いで包んだ。最後に北村は「お客様も、『お芝居を観たいんだ』という強いお気持ちがあっていらっしゃると思うので、温かく迎えたいです。無事に千秋楽を迎えられたら」と取材を締めくくった。

本作の上演時間は20分の途中休憩を含む、2時間25分を予定。公演は7月26日まで行われる。

この記事の画像(全13件)

「願いがかなうぐつぐつカクテル」

2020年7月9日(木)~26日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

原作・上演台本:ミヒャエル・エンデ
翻訳:高橋文子
演出:小山ゆうな
出演:北村有起哉松尾諭森下能幸林田航平あめくみちこ花王おさむ

全文を表示

関連記事

小山ゆうなのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 小山ゆうな / 北村有起哉 / 松尾諭 / 森下能幸 / 林田航平 / あめくみちこ / 花王おさむ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします