「MMS2020」にラミン・カリムルーら、「オペラ座」や「レミゼ」の名曲を披露

112

コンサート「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2020 “The Reunion”」が、9月17日から19日まで東京・Bunkamura オーチャードホールで開催される。

左からシエラ・ボーゲス、ラミン・カリムルー、ハドリー・フレイザー。

左からシエラ・ボーゲス、ラミン・カリムルー、ハドリー・フレイザー。

大きなサイズで見る

「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー」は、ミュージカルの楽曲をフルオーケストラと共に披露するシリーズ。その第10弾となる今回は、2011年にイギリスのロイヤル・アルバート・ホールで催された「オペラ座の怪人 25周年記念公演 in ロンドン」に出演していたラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、ハドリー・フレイザーが登場する。

コンサートでは「オペラ座の怪人」から「All I Ask of You」、「ラブ・ネバー・ダイ」から「Love Never Dies」、「レ・ミゼラブル」から「Bring Him Home」といった楽曲が歌われる予定だ。

なお9月18日19:00開演回、19日16:30開演回は追加公演となる。チケットの一般販売は5月23日にスタート。出演者3名からのコメントは以下の通りだ。

ラミン・カリムルー コメント

今回、大好きなアーティストであり親友でもある2人と共に、東京に帰って来られることに興奮しているんだ。「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」のステージに3人で立って以来、何年もの間、また揃ってステージに立つ機会を作りたいと思ってきた。
あの特別な作品に携わってからもう10年近くが経つけど、今なお毎日のように皆さんからあたたかい声をいただくおかげで、まるで昨日のことのように感じるね。
やっと3人が揃う! あの楽しかった公演を日本のみんなと分かち合うことができると思うとわくわくする。もちろん「オペラ座」以外にも皆さんが大好きな演目も用意しているから、楽しみにしていてね!

シエラ・ボーゲス コメント

「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2020 “The Reunion”」はとても特別なコンサートだと思います。それは出演者3人が、みな互いのことを大好きで、信頼しあう大切な友人同士だということもありますが、何よりも皆さんが待ち望んでいるであろう楽曲ばかりをお届けする公演になるからです。私はラミンとハドリーという類まれな才能を持つ2人を心から尊敬していますし、彼らと共に、皆さんのために歌えることをとても幸運に感じています。
そして、私は日本をもう一つの故郷のように感じています! これ以上ないくらい親切で素敵な人たちで溢れる日本は、地球上でも最も好きな場所の一つ……日本にまた呼んでもらえて本当にありがとう。早く皆さんの前で歌いたいです!!

ハドリー・フレイザー コメント

久しぶりにラミン、シエラと共演できることとなり、本当に嬉しく思っています。
「オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン」で彼らと過ごした時間はとても特別でしたが、素晴らしい時間はあっという間に過ぎてしまいした。たったの3回しかできなかったあの公演を想うと、もう1度彼らと一緒にステージで歌えるという貴重な機会が嬉しくてたまりません。
2人は私にとって世界で最も大事な人物で、良き友人であり素晴らしい表現者です。私はこの上なく幸せ者(ラッキー)ですが、東京の皆さんも間違いなくそうですよ!

「ミュージカル・ミーツ・シンフォニー 2020 “The Reunion”」

2020年9月17日(木)~19日(土)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

出演:ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、ハドリー・フレイザー、東京フィルハーモニー交響楽団、円光寺雅彦(指揮)

関連記事

リンク

関連商品